logo

イー・ガーディアン、マスターピース・グループ株式会社と協業 中国・東南アジア向けソーシャルメディア運用業務を開始

イー・ガーディアン株式会社[マザーズ6050](リンク 東京都港区  代表取締役社長:高谷 康久 以下イー・ガーディアン)は、マスターピース・グループ株式会社(リンク 東京都 代表取締役会長:佐藤 修 以下マスターピース)と協業し、中国・東南アジア向けソーシャルメディア運用業務サービスを開始いたします。
 
 ソーシャルメディアの運用支援と投稿監視に強みを持つイー・ガーディアンと、北京(970名)、密雲(241名)、大連(268名)、合肥(93名)、香港(3名)の中国国内5拠点、タイ・バンコク(139名)と多くのオペレーターを擁するコンタクトセンターを持ち、現地でのカスタマーサポートの業務実績の豊富なマスターピースが協業することで、中国・東南アジアに向けたソーシャルメディア運用のソリューションを提供いたします。

 ソーシャルメディア運用では、現地の文化的背景を理解した上でのコミュニケーションが求められます。マスターピースは、現地生活者向けの電話やチャット、メールによるカスタマーサポートに強みを持っており、日本企業による中国国内向けビジネス展開の支援の実績が豊富です。
現在、イー・ガーディアンでも日本国内の各拠点にて中国・東南アジア(ASEAN)専用チーム体制を築いて業務を実施しておりますが、今後はマスターピースの豊富なリソースと、イー・ガーディアンが日本国内で培ったソーシャルメディア運用のノウハウを合わせ、中国・東南アジア(ASEAN)にてソーシャルメディア運用を実施している、もしくは実施を検討している企業様に対して、高品質な運用がよりスピーディに提供可能になります。

またマスターピースの協力を得て、イー・ガーディアン投稿監視システム「E-Trident」ならびにソーシャルメディア運用支援ツール「SocialDashboard+」の中国市場への展開を進めてまいります。

今後高い経済成長が見込まれ、日本の最大貿易相手でもあり投資先でもある東南アジア諸国連合(ASEAN)(※1)や、世界経済危機以降も高成長を維持し大きく成長している中国市場(※2)に向けビジネスを展開、もしくは展開をご計画中の各企業様は是非、ご相談下さい。
※1…経済産業省ホームページ 日ASEAN 概要より
(リンク)
※2…経済産業省ホームページ 3 中国経済より
(リンク)


イー・ガーディアンは、今後も安心・安全をベースに「楽しい」を提供していきます。


【イー・ガーディアン株式会社 会社概要】
代表者  :代表取締役社長 高谷 康久
所在地   :東京都港区麻布十番1-2-3 プラスアストルビル4F
設立    :1998年5月
資本金   :34,005万円(2012年12月末現在)
業務内容 :ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/
        ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/
        コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/コミュニティサイト企画/
サイト運営代行業務/広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL    : リンク
Facebook: リンク
Google+ : リンク

【マスターピース・グループ株式会社 会社概要】
代表者  :代表取締役会長 佐藤 修
所在地   :東京都港区三田4-1-27 FBR三田ビル
設立    :2001年12月10日
業務内容 :コールセンター(コンタクトセンター)事業、求人広告事業
        ビジネス・ファイナンシャル・アウトソーシング(BFO)事業
URL   :リンク

【本件に関するお問合せ先】 イー・ガーディアン株式会社
TEL : 03-5575-2561 FAX:03-5575-0621
Mail :info@e-guardian.co.jp 担当: 小田・佐伯

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。