logo

ドン・キホーテ様がバーチャルツアー作成ツール、PanoPlazaの自社運用を本格的に開始

カディンチェ株式会社は、株式会社ドン・キホーテ様における店舗空間の社内共有システムとして、当社バーチャルツアー作成ツール、PanoPlazaの本格的な運用が開始されたことを発表します。

カディンチェ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:青木崇行)は本日、株式会社ドン・キホーテ(以下、ドン・キホーテ)様における店舗空間の社内共有システムとして、当社バーチャルツアー作成ツール、PanoPlazaの本格的な運用が開始されたことを発表します。小売業界においてリアル店舗の「ショールーミング」が進む中、PanoPlazaは、店舗空間のバーチャルツアー化を通じて、店舗間でのノウハウ共有を促進します。

ドン・キホーテ様のユニークな店舗空間は、他社には無い最大の特長と言えます。同社では「買い場」作りを支える店舗演出や商品陳列などのノウハウを、日本各地にある店舗間で共有する仕組みとして、360度パノラマ写真を使ったバーチャルツアーコンテンツに着目。PanoPlazaをご利用頂くことで、実際の店舗を見学することが難しいスタッフでも、他店の状況をよりリアル感を持って把握し、自店の運営にスムーズに役立てることができるようになりました。

また、専門的な知識が無くても360度パノラマ写真が撮影できる特殊なカメラも導入し、撮影から公開までの全てのプロセスを自社内で完結する体制を確立されています。具体的には、新店舗のオープン前におよそ30~60地点でパノラマ写真を撮影し、写真データを本部に転送後、バーチャルツアーコンテンツの作成を行なっています。撮影の翌日には本部スタッフはもちろん、各店舗スタッフも社内イントラネット上で新店舗の様子を閲覧できるようになるなど、非常に迅速なオペレーションを展開されています。

2012年4月の試験的な利用開始から、既に21の店舗で600枚以上のパノラマ写真が撮影・共有されており、対象となった売場面積は、合計で50,000平方メートル以上にも及びます。店舗空間のバーチャルツアー化は社内のノウハウ共有を促進するだけでなく、実際に現地に行かなくとも他店を参考できることから、移動コストの削減にも貢献しています。

プレスリリースの詳細はこちら:リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:カディンチェ株式会社
担当者名:井村俊介
TEL:03‐6451‐3560
Email:imura@kadinche.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。