logo

◎Supermicroの画期的なFatTwinをCeBITに展示

Super Micro Computer, Inc. 2013年03月05日 14時10分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Supermicroの画期的なFatTwinをCeBITに展示

AsiaNet 52292
共同JBN 0232(2013.3.5)

【ハノーバー(ドイツ)2013年3月5日PRN=共同JBN】高性能・高能率サーバー技術とグリーンコンピューティングのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ社、NASDAQ:SMCI)は今週ドイツのハノーバーで開催されているCeBIT 2013で、同社のサーバーおよびストレージ技術の最新イノベーションを展示している。幅広いアプリケーションで顧客の要望を満たすために急速に進化するSupermicroの革新的かつ汎用の4U FatTwin(商標)(リンク)コンピューターおよびストレージ・プラットフォームが注目の的である。4U 8-node SYS-F617R3-FT(リンク)は、エネルギー効率に優れた設計によって4年間にわたりノード当たり500ドルの節約を提供する一方、4ノードで、ノード当たり8つの 3.5インチ・ホットスワップHDD搭載のSYS-F627R3-RTB+(リンク)/R72B+ (リンク) は33%増の帯域幅とストレージ容量を提供する。また最新の4U Double-Sided Storage(登録商標)サーバーであるSSG-6047R-E1R72L(リンク)は、最高のストレージ容量の機能を備え、OSおよびアプリケーションのために36のドライブベイと2つの内部固定2.5インチHDDベイで72のホットスワップ3.5インチSAS/SATA HDDをサポートする。

 (Photo: リンク

Hadoop/ビッグデータ用として、Supermicroの4つのデュアルプロセッサー(DP)ノード・フロントI/O SYS-F617H6-FT+(リンク)/ FTL+は、ハードウエア/ソフトウエアRAIDサポートを備えるユニット当たり最大12の 3.5インチSAS/SATA HDDを搭載する機能がある。データセンターおよびクラウドコンピューティングに最適化されたSYS-F627R3-F73(リンク)/-FT
リンク)は、ホット/コールド環境での容易なメンテナンスを行うためのフロントI/Oを備えた SYS-F627R2-F73
リンク)の中に、ノード当たり4つのホットスワップ3.5インチSAS/SATA HDDベイ、4つのホットプラグDPノード、あるいは8つのホットスワップSAS HDDベイの機能を備えている。エンジニアリングおよび科学研究のためのHPCアプリケーション向けに、4つのノードGPU FatTwin SYS-F627G3-FT+ (リンク)/F73+(リンク/F73PT+ (リンク)は、最大12の NVIDIA(登録商標)K10, K20M, K20X GPU、ないしはIntel(登録商標)Xeon Phi(商標) コプロセッサー、および10GBase-Tを備えたノード当たり2つの3.5インチ・ホットスワップHDDをサポートする。6つの 2.5インチ・ホットスワップHDDベイ・モデルも入手可能である(SYS-F627G2-FT+ (リンク)/F73+ (リンク)/F73PT+ (リンク ))。最適な風洞を誇るSupermicroのFatTwinアーキテクチャーは、高度に電源効率に優れたマザーボード設計と最適な冷却のためのヘビーデューティーの8センチ・ファンが組み込まれている。これらのプラットフォームはプラチナレベルの高効率(95%)デジタルスイッチング・パワーサプライと短縮したケーブルを組み合わせることによって、全体の電力消費量を最大16%削減、高い周辺温度(最大セ氏47度)での稼働を可能にし、エネルギー効率を大幅に向上させる。

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「今年のCeBITで当社のFatTwinは市販される競合ソリューションに比べて、ノード当たり500ドルの大幅な費用削減と、33%のデータ帯域幅およびストレージ容量のアップを実現することで、省電力と性能向上の能力を実証している。われわれはユニット当たり8つの3.5インチ・ホットスワップ・ハードディスク・ドライブを備える業界最高の高密度とエネルギー効率に優れたコンピューティング・ソリューションによって地球環境に配慮しながら、当社の事業を拡大することができる。マザーボード、サーバー、ストレージ、ネットワーキング・ソリューションの一式を伴う当社の幅広いFatTwinプラットフォームは、Supermicroが世界の一流サーバー・ビルディング・ブロック・ソリューション企業としてリーダーであることを実証している」と語った。

Supermicroはまた今回のショーで、同社のサーバーBuilding Block Solutions(登録商標)の基礎となる標準規格に準拠し、かつ特許を有するフォームファクター・マザーボード(リンク)の多数も展示する。Intel(登録商標)と AMDの両CPU向けにマルチ(MP)、デュアル(DP)、シングルのユニ(UP)プロセッサー・コンフィギュレーションが利用可能なこれらのマザーボードは、低電力でコンパクトな組み込みアプリケーションから、ワークステーション、ミッションクリティカルなエンタープライズ・クラスのラックマウント・サーバー、大容量ストレージ・システムまでを対象としている。ハイライトとしては、低電力Intel(登録商標)Atom(商標)プロセッサー、8GBのDDR3 ECCメモリー、IPMIを通じたリモート管理の機能を持つUP X9SBAA-F(リンク)Mini-ITX組み込みマザーボードで、Supermicroの最新超コンパクトCSE-101i(リンク)Box PCでの使用に最適である。UP X9SRA (リンク)ATXマザーボードは、Intel(登録商標)Xeon(登録商標)E5-2600/1600プロセッサー、最大256GB DDR3メモリー、4つのPCI-E拡張スロットをサポート、コスト効率に優れたエントリーレベルのワークステーション(SYS-5037A-i (リンク))に最適である。DP X9DRX+-F (リンク)はSupermicro独自の15.2インチ×13.2インチ・マザーボードで、デュアルIntel(登録商標)Xeon(登録商標)E5-2600プロセッサー、最大135W TDP、世界唯一の11のPCI-E拡張スロット・ソリューションをサポートする。最良のコスト・パフォーマンスを示すSupermicroのMP H8QG7-LN4F (リンク)は最大4つの16コアAMD Opteron(商標)6000シリーズ・プロセッサー、1TB DDR3 1600MHz ECCメモリー、完全ハードウエアRAID、4つのPCI-E 2.0拡張スロットをサポートする。これらはSupermicroがCeBITで展示する65以上のマザーボードのほんの一例である。

そのほか展示されるのは、デュアルノードDP TwinBlade(R) (SBI-7227R-T2 (リンク)、SBA-7222G-T2 (リンク))、64コアAMD G34 4-way MP Blade(SBA-7142G-T4 (リンク))、3 TFlops GPU Blade (SBI-7127RG (リンク))、9.6TB Storage Blade with HW RAID & BBU (SBI-7127R-S6 (リンク))、PCI-E 3.0 x16 Expansion Workstation Blade (SBI-7127R-SH (リンク))で利用可能なSuperBlade(登録商標)ソリューションである。一体化されたSuperBladeは、56Gb/s FDR IB(SBM-IBS-F3616M)、FCoE(SBM-XEM-F8X4SM)、10GbE(SBM-XEM-X10SM)、1/10GbE (SBM-GEM-X3S+)などのオプションのネットワーク・スイッチ、モジュール(リンク)を通じて94%以上の電源効率と広帯域幅コネクティビティーの機能がある。高可用性1UメーンストリームSuperServer(登録商標)SYS-5017R-MTRF (リンク)は、Supermicroが特許出願中のBBP(商標)(リンク)バッテリーバックアップ・パワー・モジュール技術を搭載、ミッションクリティカル・サーバーとストレージ・オペレーションを提供し、高価なUPSインフラストラクチャーを不要にする。3U MicroCloud(SYS-5037MC-H12TRF (リンク))は12の独立ノード機能を持ち、高密度ウェブホスティング・サービス向けに各ノードがIntel(登録商標)Xeon(登録商標)E3-1200 v2プロセッサー、最大32GB DDR3 VLP ECCメモリー、2つの3.5インチないしは4つの2.5SATA HDDベイをサポートする。4U/Tower SYS-7047GR-TRF(リンク)はデュアルIntel(登録商標)Xeon(登録商標)E5-2600シリーズ・プロセッサー(最大150W TDP)をサポート、NVIDIA(登録商標)Maximus(商標)の認定を受け、単一のワークステーション上で同時設計、視覚化、コンピューター駆使のシミュレーション、レンダリングの最大加速化と生産性を実現する。高頻度取引(HFT)向けの低レイテンシーを備えた究極性能は、Hyper-Speed 2U SYS-6027AX-TRF (リンク)によって提供され、最高性能のIntel(登録商標)Xeon(登録商標)E5-2600プロセッサー(最大150W TDP)、ハードウエア/BIOSエンハーンスメントをサポート、アプリケーション性能を最大30%向上させる。Supermicroは全体のサーバー・ビルディング・ブロック・ソリューションの締めくくりとして、銅のCAT6ケーブルでRJ45コネクション用の高帯域10ギガビットEthernet トップオブラック・スイッチ、24ポートSSE-X24S(リンク)、新製品の48ポートSSE-X3348T 10GBASE-Tスイッチを搭載したSuperRack(登録商標)(リンク)エンクロージャー内部のシステムのデモを行う。モニターおよび管理のシステム一式はSupermicroのData Center ManagementソフトウエアであるNMView(リンク)が提供する。

3月5日から9日までドイツ・ハノーバーで開催されるCeBIT 2013でHannover MesseのHall 2、Stand E57(E50)に出展するSupermicroを見学してもらいたい。高性能、高効率サーバーおよびストレージ・ソリューションのSupermicro全製品ラインについては、ウェブサイトリンクを参照。

最新ニュースおよび発表を受け取るにはSupermicroのFacebook(リンク)とTwitter(リンク)のフォローを。

▽Super Micro Computer Inc.について
Supermicro(登録商標、NASDAQ:SMCI)は、高性能、高効率のサーバー・テクノロジーをリードする革新者であり、データセンターや、クラウドコンピューティング、企業IT、Hadoop/ビッグデータ、HPCと組み込みシステム向け高性能サーバーであるBuilding Block Solutions(登録商標)の世界的首位のプロバイダーである。Supermicroは、「We Keep IT Green(われわれはITをグリーンに保つ、登録商標)」イニシアチブにより環境保護に尽力していて、市場で入手可能な最もエネルギー効率の高い、環境に優しいソリューションを提供している。

Supermicro、SuperServer、FatTwin、SuperBlade、TwinBlade、SuperRack、Building Block Solutions、We Keep IT GreenはSuper Micro Computer, Inc.の商標および/または登録商標である。その他すべてのブランド、名前、商標はそれぞれ所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
David Okada, Super Micro Computer, Inc., davido@supermicro.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事