logo

◎ファーウェイがMWCでマルチスクリーン・ソフトのAirSharingを展示

ファーウェイ・デバイス 2013年02月28日 14時20分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ファーウェイがMWCでマルチスクリーン・ソフトのAirSharingを展示

AsiaNet 52257
共同JBN0221(2013.2.28)


【バルセロナ(スペイン)2013年2月27日PRN=共同JBN】情報通信技術(ICT)ソリューションの世界的大手プロバイダーであるファーウェイ(Huawei、華為技術)は2013年モバイル・ワールド・コングレス(MWC)で、同社のマルチスクリーン・ソフトウエア・ソリューションであるAirSharingを展示した。ファーウェイのAirSharingはスマートフォン、タブレット、家電などの幅広いデバイスと接続し、ファーウェイの無線クラウドの技術によってコンテンツ、機能、コントロールを統合する。AirSharingはファーウェイEmotion UIで利用でき、世界中の人々に便利で充実した体験を提供する革新的なソフトウエアを開発するファーウェイのコミットメントを実証している。

AirSharingソリューションは、スマートフォンからゲーム体験をタブレットやテレビ画面でシームレスに共有するなどの遠隔シェアリングを含め、テレビで即時に閲覧するために携帯電話からコンテンツや写真を送信するなど、一連の強力な機能をサポートする。AirSharingはまた、企業環境でも利用でき、人々はノートブックPCから自由に手を離してスマートフォンでファイルを利用し、WiFi接続を通じてコンテンツをモニター画面に映し出すことが可能となる。

ファーウェイConsumer Business Groupのリチャード・ユー最高経営責任者(CEO)は「AirSharingは当社の最新のソフトウエア・イノベーションであり、当社が特許を持つEmotion UIを一緒に利用することで、当社を差別化するとともに、顧客に使い勝手のよいソリューションを提供する製品である。さらに、われわれは近い将来、AirSharingをサードパーティーのコンテンツ・プロバイダーおよびデベロッパーに公開し、スマートで統合された世界を通じて顧客により大きなメリットをもたらすマルチプラットフォームの構築を計画している」と語った。

AirSharingはサードパーティー・コンテンツ・プロバイダーおよびライセンスを受けたデベロッパーを通じて、高品質なマルチメディア・ソースをファーウェイのユーザーに提供するため、よりインタラクティブでリッチなビデオおよび音楽のコンテンツを提供することを目指している。

AirSharingはEmotion UI上で起動する。Emotion UIは現在、ファーウェイAscend P2、D2、Mateなど厳選されたファーウェイのスマートフォン、タブレットにプリインストールされている。ファーウェイのEmotion UIはAndroid 4.1上で稼働する。Emotion UIは使い勝手を向上させ、ユーザー個人の必要に応じて簡単にカスタマイズできるので、容易なナビゲーション体験をユーザーに提供する。Emotion UIのUniHome機能は、ホーム画面とメインメニューを統合しており、特許申請中のファーウェイのMe Widgetはカスタム化できる単一のウィジットの中でユーザーが必要とする情報および機能のすべてを取り込むことによって、スクリーン画面全体を活用する。Emotion UIはダウンロード可能なユーザー専用のテーマを豊富に提供する。ユーザーはテーマ化されたウォールペーパーを使用すれば、電話機を単に振ることで変更可能なインタラクティブかつ楽しい画面遷移アニメーションを伴う、鮮やかなビジュアル体験を楽しむことができる。さらに顔認識がそれぞれのユーザー体験のセキュリティーと独自性を強化する標準設定のスクリーン・ロック機能に加えられている。

Emotion UIはスマートフォン・ハウスキーパー機能を搭載し、リアルタイムのデータ・トラフィック追跡、自動のブラックリスト作成・ブロック、定期的なシステム・クリーニング、待機プログラムの即時終了、キャッシュの消去に加え、ウイルス対策、節電、プライバシー保護、ソフトウエア管理などの機能をサポートする。

▽ファーウェイ・デバイス(Huawei Device)について
ファーウェイの製品およびサービスは2012年末時点で、140カ国以上で展開し、世界人口の3分の1以上に提供されている。ファーウェイはまた、米国、ドイツ、スウェーデン、ロシア、インド、中国など世界20カ所以上に研究開発センターを設置している。消費者事業は、携帯電話、モバイル・ブロードバンド・デバイス、ホーム・デバイス、クラウド、コンシューマー・チップセットを含む幅広い製品を提供するファーウェイの3事業グループの一つである。Huawei Consumer Business Groupは、情報通信技術(ICT)セクターでの20年以上の豊富なビジネス専門的知識、広範なグローバル・ネットワーク、大規模なグローバルな事業展開、パートナーを備え、ファーウェイ・デバイスを通じて消費者に最新技術をもたらすことに注力し、世界中の人々に可能性あふれた世界を提供し素晴らしい体験を生み出している。

詳細についてはファーウェイ・デバイスのウェブサイトwww.huaweidevice.comを参照。

ファーウェイ・デバイスについて、以下のサイトで定期的に最新情報を提供している。Facebook: www.facebook.com/huaweidevice
Twitter: www.twitter.com/HuaweiDevice
YouTube: www.youtube.com/user/HuaweiDeviceCo
Flickr: www.flickr.com/photos/huaweidevice

▽問い合わせ先
Sybil Lau
+852-2963-6771
Sybil.Lau@bm.com

ソース:Huawei Device

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事