logo

◎2012年異文化イノベーション受賞者を発表 UNAOCとBMWグループ

BMWグループ 2013年02月28日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎2012年異文化イノベーション受賞者を発表 UNAOCとBMWグループ

AsiaNet 52264
共同JBN0220(2013.2.28)

【ウィーン2013年2月28日PRN=共同JBN】国連「文明の同盟」(UNAOC)とBMWグループの共同計画である異文化イノベーション賞(リンク)の授賞式は27日夜、ウィーンのフォルクステアターで開催され、潘基文国連事務総長や歌手のプラシド・ドミンゴらが出席した。誰もが望むこの国際的な賞はUNAOCとBMWグループの前例のない提携によって設立された。社会的安定と経済成長に寄与すべく設けられた異文化イノベーション賞は、異文化間の対話、理解を促進する革新的な草の根プロジェクトに対して与えられる。

    (Photo: リンク

昨夜の授賞式で、潘基文事務総長はメキシコを拠点とするPueruta Jovenに2012年異文化イノベーション賞1位が贈られることになったと発表した。次期UNAOC代表になるナシル・アブドルアジズ・アルナセル議長とBMWグループのビル・マックアンドリュース副社長(コミュニケーション戦略、コーポレート・マーケットコミュニケーション担当)が賞を授与した。またユネスコ親善大使のプラシド・ドミンゴも出席し、受賞者全員に祝いの言葉を述べた。

藩基文事務総長は「この賞をサポートしているBMWグループのリーダーシップと今回認められたプロジェクトを称賛したい。今夜紹介されたクリエーティブなソリューションは、すべてのコミュニティーや国連のような組織にとって教訓となる」と語った。

最終選考候補に残ったトップ5は、それぞれのプロジェクトについて総額10万ドルのサポートを受けることになる。すべての受賞者は同時にWorld Intercultural Facility for Innovation(WIFI)のメンバーになる。UNAOCとBMWグループが開始したWIFIは、全受賞者が潜在的なドナー、メンター、過去の受賞者と結びつくプラットフォームである。受賞者は、広報活動、募金、スタッフ・プランニング、マーケティングの分野で、それぞれにあった専門知識、リソースの恩恵を受ける。

授賞式は第5回UNAOCグローバルフォーラムの前夜祭として行われた。ウィーンで開催されたフォーラムには、世界135カ国から国際機関、青年、市民団体、企業の代表が集まり異文化間の対話の重要性を議論した。アルナセル議長は「異文化イノベーション賞は、行動する国連『文明の同盟』の活動コミットメントを表す好例である。UNAOCとBMWグループは共に、受賞者が彼らの影響力を増し活動範囲を拡大するよう援助することにコミットしている」と述べた。

ビル・マックアンドリュース副社長は「BMWグループを代表してすべての受賞者にお祝いを言いたい。BMWグループとUNAOCは、長期にわたる効果と持続可能で積極的影響をおよぼすこの賞を通じたイニシアチブを支援することにコミットしている。われわれは彼らのプロジェクトをサポートしていきたいし、彼らのアイデアがこれから何カ月も何年もかけて貫徹されるのを手助けしていきたい」と語った。

*1位(賞金5万ドル)Puerta Joven-Langeges of Youth(メキシコ):
Puerta Jovenは、文化的な違いや言語のため差別されている先住民の若者の団体である。彼らのプログラムは、携帯電話を通じて若者の文化的表現を育成することである。映画製作の専門家が学校やコミュニティーセンターを訪れ、携帯電話で短編映画を作るためクリエーティブツールの使い方を教えている。

*2位(同2万ドル)Plain Ink-When Change Reads Like a Book(イタリア):
Plain Inkは、物語の力を通じて子供たちが貧困や社会的排除の壁を克服することを目指す非営利のソーシャルベンチャーのパイオニアである。漫画や児童書を使ってコミュニティーや子供たちに力を与えている。

*3位(同1万5000ドル)Chintan Environmental Research and Action Group-ブリッジとバインダーとしてのリサイクル(インド):
Chintanのプロジェクトは、ニューデリーでのリサイクルを通じて貧しい出稼ぎ労働者、中流層と富裕層との間の理解を深める。インド都市部でのリサイクルは社会的に無視された出稼ぎ労働者が行っている。

*4位(同1万ドル)Kpamagogopa Inc.(KI) Volunteers-Muslim Youth of Interfaith Dialoue and Understanding(フィリピン):
Kpamagogopa(KI)は、フィリピンの最初で唯一のイスラム教徒の若者のボランティア組織。若いイスラム教徒は、ミンダナオ島で非イスラム教徒とイスラム教徒のコミュニティーを発展させるため、ボランティアとして非イスラム教徒組織で働くよう動員されている。

*5位(同5000ドル)TakingITGlobal(TIG)-TakingITGlobal Online Community(カナダ):
TakingITGlobal(TIG)は、若者たちを活動的な地球市民として変革の担い手としての成長を図るため、若者人口の増加やグローバル化、情報社会の進展の接点を担っている。

選に漏れた最終候補も努力をたたえられた。詳細はリンクを参照。

授賞式の写真はリンクでダウンロード可能。

▽問い合わせ先
BMW Group Corporate and Governmental Affairs
Milena Pighi
Social Responsibility
tel: +49-89-382-66563
email: Milena.PA.Pighi@bmw.de

UNAOC
Mahdis Keshavarz
tel.: +1-425-591-8781
email: mahdis@themakeagency.com

ソース:BMW Group


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。