logo

「エントリーシート、何社分書き終えた?」アンケート結果大公開 『就職ジャーナル』就活生のリアルがわかる「学生×シゴト総研」

株式会社リクルートキャリア 2013年02月21日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』(リンク)は、就活中の学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「エントリーシート、何社分書き終えた?」をテーマに調査を実施いたしました。

▼「エントリーシート、何社分書き終えた?」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■すでに書き終えている学生でも「1社」が最も多く11.8%。
実際に記入した学生が語る、業種別「答えにくい設問」とは?
――――――――――――――――――――

就活中の大学3年生・大学院1年生543人(うち男子学生274人、女子学生269人)を対象に、アンケート調査を実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2013年2月1日~3日)。志望企業へのエントリーシート提出が本格化するこの時期。今回は、現在就活中の大学3年生と大学院1年生に、エントリーシートを書き終えた企業数や設問内容について尋ねました。

現時点(2013年2月1日~3日)で全体の40.7%の学生が「0社」(1社も書き終えていない)と回答しており、昨年同時期の調査結果(41.6%)とほぼ同水準となりました。一方で、すでに書き終えた学生の回答で最も多かったのは「1社(11.8%)」でしたが、少数ながら数十社分書き終えたという学生も複数いたためか、平均は4.4社という結果に。平均値では、昨年同時期の調査結果(平均5.8社)を下回るかたちとなりました。属性別に見ると、女子学生よりも男子学生、理系学生よりも文系学生の方が、多くのエントリーシートを書き終えている傾向が見られました。

また、答えにくかった設問とその業種について具体的に挙げてもらったところ、「化粧品メーカーの『会社に入ったらどのように活躍すると思いますか』という設問で、企業の公式サイトの事業内容を見ても、働きぶりが具体的に思い描けるような情報があまりなくて書きづらかった」「ハウスメーカーの設問で『あなたの強み・弱みを具体的に記入してください。弱みについては、克服するために具体的に取り組んでいることも記入してください』とあり、これだけの内容を限られた文字数で具体的に表現するのに苦労した」「マスコミ業界のエントリーシートでよくあるのが、広いスペースに『あなたを自由に表現してください』というもの。丸投げって感じですごくやりづらい」といった声が寄せられ、難しい設問に戸惑いながら、決められた記入形式にあわせて作成する苦労が垣間見られる結果となりました。


▼「エントリーシート、何社分書き終えた?」記事はこちらから
リンク

▼1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。