logo

つつみのことわり、伊勢貞丈「包之記」の研究、山口信博+折形デザイン研究所

リクルートホールディングス 2013年02月19日 11時33分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「クリエイションギャラリーG8(リンク)」では、2013年2月19日(火)より3月21日(木)の期間、「つつみのことわり」を開催いたします。

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク


――――――――――――――――――――
■「つつみのことわり」企画概要
――――――――――――――――――――
折形は贈答の際の包みと結びの礼法である。その折形のバイブル的な存在に伊勢貞丈の「包結図説」がある。江戸の中期、天保十一年(1840)に出版されたものだ。「包之記」を上巻、「結之記」を下巻とし合わせて「包結図説」と呼ばれている。
その「包之記」には二十三種の折形が図入りで紹介されているが、ほとんどが見開きに完成図と展開図が示されているのみである。
この完成図と展開図の間の、省略された手順をダイアグラム化し、それを通して思考の原理・原形や文化的無意識を読み解くという試みの展覧会である。さらに、山口信博と折形デザイン研究所が十年余にわたって、古典とどのように向き合い、そこから飛躍して具体的な形へいかに着地させてきたかを、見ていただく展覧会でもある。(山口信博)


展覧会概要

■企画展名
つつみのことわり──伊勢貞丈「包之記」の研究
山口信博+折形デザイン研究所

■会期
2013年2月19日(火)~3月21日(木)
11:00a.m.~7:00p.m.  日曜・祝日休館 入場無料

■会場
クリエイションギャラリーG8
〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
TEL 03-6835-2260 リンク

■主催
クリエイションギャラリーG8

■会場構成
小泉誠(家具デザイナー)

■トークショー
[第1回] 日時:2月19日(火)7:10p.m.~8:40p.m. 出演:山口信博+小泉誠(家具デザイナー)
[第2回] 日時:3月2日(土) 5:30p.m.~7:00p.m. 出演:山口信博+石倉敏明(人類学者)
[第3回] 日時:3月16日(土)5:30p.m.~7:00p.m. 出演:山口信博+赤木明登(塗師)
※いずれも入場無料 要予約(TEL 03-6835-2260)


■折形ワークショップ
[第1回] 日時:3月2日(土)  A / 1:00p.m.~2:30p.m. B / 3:00p.m.~4:30p.m.
[第2回] 日時:3月9日(土)  A / 1:00p.m.~2:30p.m. B / 3:00p.m.~4:30p.m.
[第3回] 日時:3月16日(土) A / 1:00p.m.~2:30p.m. B / 3:00p.m.~4:30p.m.
講師:山口信博+折形デザイン研究所
定員:各8名
ワークショップの材料費:各回1,000円
※要予約(TEL 03-6835-2260)


■山口信博(やまぐちのぶひろ)
1948年千葉県生まれ。コスモPRを経て1979年山口デザイン事務所設立。現在、有限会社山口デザイン事務所代表。折形デザイン研究所主宰。代表的な仕事に住まいの図書館出版局の『住まい学大系』全100冊のデザイン、SD選書のリニューアルデザイン等がある。俳句結社『澤』同人、俳号は方眼子。

■折形デザイン研究所
グラフィックデザイナー山口信博を中心とし平成十三年(2001)に設立。著書に『折る、贈る。』(ラトルズ)、『半紙で折る折形歳時記』(平凡社)、『新・包結図説』(ラトルズ)、『和のこころを伝える贈りものの包み方』(誠文堂新光社)。

■伊勢貞丈(いせ・さだたけ/いせ・ていじょう)
享保二年(1717)生まれ、天明四年(1784)没。江戸時代中期の旗本(幕臣)・有職故実研究家。通称は平蔵、安斎と号した。著書に、『貞丈雑記』『軍用記』『犬追物類鏡』『包結図説』『神道独語』などがある。



▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■ギャラリーについて
――――――――――――――――――――
リクルートホールディングスは、メセナ活動の一環として、東京銀座に「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」の2つのギャラリーを運営しています。「クリエイションギャラリーG8」は、グラフィックデザインに焦点を当てたデザインギャラリー。「デザインとコミュニケーション」をテーマに、国内外を代表する作家から、先鋭的な送り手の作品をご紹介しています。展覧会ごとに「クリエイティブサロン」というトークショーを開催するなど、作品だけでなく送り手の発想や行動の背景・過程を分かりやすくお伝えできるスペースを目指しています。1985年に「G7ギャラリー」としてオープンして以来、広告・グラフィックデザイン・アートを通じて、来場者の方々に「コミュニケーション」の原点を考える場として親しんでいただいております。また、「ガーディアン・ガーデン」は若手クリエイターに表現する「機会」と「場所」を提供することを目的に1990年にオープン。グラフィック、写真を中心としたコンペティション・ギャラリーとして、公募展を中心に活動を展開しています。

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

▼リクルートホールディングスについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事