logo

高まるCAD需要に合わせ、より実践的な講座に アビバ CAD講座をリニューアル ~リンクアンドモチベーショングループの標榜する実践力ある人の育成を目指

株式会社 アビバ 2013年02月19日 11時00分
From PR TIMES

リンクアンドモチベーショングループの株式会社 アビバ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 田中良一、以下アビバ)は、2013年2月にパソコンにおける設計支援ツールである「CAD」の講座をリニューアルいたしました。


今回一新されたCAD講座では、「Auto CAD LT2006 建築CAD講座」と「CAD利用技術者試験2級対策講座」の2つのコースをご用意いたしました。
従来の講座では、CAD操作における「機能の習得」を主目的としており、「CADを使える人」の育成をゴールとしていたのに対し、新講座は「機能の習得」はもちろん、実際のCADの活用シーンを想定したカリキュラムによる「実践スキルの習得」を主目的としております。これにより、実践の場で即戦力となりうる、「CADを使って業務で活躍できる人」の育成までを見据えた講座に生まれ変わりました。
また、「CAD操作」だけでなく、「建築基礎」を学習いただくことにより、製図・建築の知識がない方でも学習いただける構成にすることで、受講の間口も広げております。


■Auto CAD LT2006 建築CAD講座
大手建設会社グループ企業とのタイアップでより実践的に学ぶ!
日本の大手総合建設会社の鹿島グループの「アクト・テクニカルサポート」とのタイアップ講座となっており、同社が設計現場で培った豊富なノウハウをもとに開発した「CADオペレーター養成教育カリキュラム」を使用しています。
建築物件が完成するまでの流れを疑似体験することで、実務で必要な機能をひとつずつ学習していくことが可能です。
また、CADの操作スキルだけに偏るのではなく、一級建築士を講師に招いた建築知識の学習カリキュラムも含まれているので、建築知識自体の習得にも役立ちます。
さらに、当講座で習得したスキルを活かすためのCAD求人紹介サポートもし、上場企業の求人を多数紹介している「アクト・テクニカルサポート」で派遣登録が可能となっております。
※本コースは、映像視聴により学習します。映像コンテンツは、AutoCAD LT2005を使用しますが、教室では、
 AutoCADLT2006を使用いたします。

有効期限:5ヶ月
受講回数:31回 (1回90分)


■CAD利用技術者試験2級対策講座
CAD試験の登竜門の突破をサポート!
CAD資格の中でも知名度が高く、優遇対象資格としている企業も多いCAD利用技術者試験の対策講座で、CADに特化した内容だけでなく、ITの基礎知識の習得も可能なプログラムとなっています。

有効期限:3ヶ月
受講回数:14回 (1回90分)
機能学習と資格取得対策を合わせて学習できるセット講座もご用意しています。


震災復興にともなう社会情勢的なCAD需要の高まりにより、CAD学習による就職・転職のニーズも高まってきている中、ビジネスの場で即戦力となりうるスキルを習得したいと考えている方々に対し、より実践的で良質な学習コンテンツを提供することで、新たな顧客層として取り込むことを狙っています。
また、既存の受講生に対しても、業種を問わず活用できるOfficeアプリケーションの操作スキルだけでなく、より専門性の高いスキルを身につけていただくことで、ご自身の市場価値を高めるための選択肢を増やすというメリットをご提供できるものとなっております。
この講座のリニューアルに伴い、前期(2012年)比でCAD講座入会者数150%を目標としております。


★★★アビバの取り組み★★★
アビバでは、「週2回」「月8回」の2つの学習スタイルをご用意しており、スキル習得に際し、受講生の方にあったペースで学ぶことが可能となっております。また、授業においては、一人ひとりに目が行き届く「個別指導」のシステムを導入。受講中も定期的に、インストラクターが個別にカウンセリングを実施し、習得度合いや今後の目標などについてもお伺いし、目標実現をサポートしております。
こうしたサービスの差別化により、緩やかなシュリンクを続けているパソコンスクール市場においても多くの受講生様に通学いただいています。

また、アビバでは単なるPCスキルの習得だけでなく、業務効率を高め、業務の幅を広げるというビジネスの現場で”活かせる”スキルが学べる指導を行っております。

アビバでは、こうした“活かせる”スキル習得のサポートだけでなく、実践で“役立つ”資格取得の面でも支援できる「PCスキルの大手総合商社」を目指すべく努めてまいります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。