logo

春休み 子ども料理教室「お弁当を作ろう」& 講演会「だから食育なんだ」開催のお知らせ

「弁当の日」応援プロジェクト事務局 2013年02月15日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年2月15日

「弁当の日」応援プロジェクト事務局

春休み 子ども料理教室「お弁当を作ろう」&
講演会「だから食育なんだ」開催のお知らせ

 子どもがひとりで弁当を作る「弁当の日」。子どもたちの健全な育成のために「弁当の日」を推進することを目的に、2012年4月1日「弁当の日」応援プロジェクトが発足。講演会開催を希望する団体への講師派遣の助成などを行いまもなく1年を迎えます。全国の「弁当の日」実施校も1100校を超えるまでの広がりを見せています。
 この度、春休み子ども料理教室&大人向け講演会を下記のとおり開催いたします。子ども達が料理をしている間保護者の方には「食育」について一緒に考えていただきます。

【 開催概要 】     
日時: 2013年3月27日(水)10時30分~12時30分(10時受付開始)
場所: 株式会社東京ガス Studio +G GINZA
主催: 全国農業協同組合連合会(JA全農)・東京ガス株式会社
共催: 「弁当の日」応援プロジェクト                           
内容: 子ども料理教室「お弁当を作ろう」&
    西日本新聞社編集委員 佐藤弘氏講演会「だから食育なんだ」
参加: 一般(親子+一般大人)
    小学生親子 36組 + 講演会参加者 大人 50名程度
    大人総数は 70名を想定
参加費:1,000円(子ども) お弁当箱・エプロン・バンダナのプレゼントつき
    大人は無料
  
【 応募方法 】Webにてご応募ください。
 ・Webサイト リンク
 受付期間 (予定) 2013年2月15日(金) 12時 ~ 3月18日(月) 17時まで
 ※応募者多数の場合は抽選。当選者には参加証の発送をもってかえさせていただきます。

以上


(参考資料)
「弁当の日」応援プロジェクトとは
「弁当の日」の広報・普及・啓発活動の推進とその取り組みを側面からサポートしていくことを目的として、
2012年4月に発足。クリナップ株式会社、積水ハウス株式会社、全国農業協同組合連合会、東京ガス株式会社の協賛により組織。事務局は株式会社共同通信社。講演会開催を希望する団体への講師派遣の助成事業の他、イベントの開催など様々な取り組みを展開している。

講師紹介
佐藤 弘(さとう ひろし):西日本新聞社 編集委員
1961年福岡県出身 福岡県在住

中学時代、有吉佐和子の「複合汚染」を読み、ふるさとの野山がおかされていくわけを知る。百姓を志し、東京農大農業拓殖学科に進学するも、深遠なる「農」の世界に触れ、実践者となることを断念。側面から支援する側に回ろうと西日本新聞社に入社。システム開発部、日田支局、筑豊総局、経済部などを経て、現在、生活特報部で「食・農・くらし」を担当。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事