logo

シーメンス、課題管理と品質管理のための新しいソフトウェアを発表

~製造業の品質向上とコスト削減を支援~

シーメンスは、課題管理と是正措置・予防措置(CAPA)管理の
ための新しい品質管理ソリューションを発表しました。シーメンスの
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアのビジネスユニットである
シーメンスPLMソフトウェアが提供するこの新しいソリューションは、
Teamcenterのソリューション・モジュールとして提供され、品質管理
プロセスを詳細に可視化して品質の問題解決期間を短縮します。
さらに、問題の根本原因の特定、是正措置・予防措置、検証の
ためのより完全で一貫したプロセスを提供して、再発リスクを回避し、
品質の継続的な改善を促進します。

Aberdeen Groupのレポート(*)によると、製品ライフサイクル管理
(PLM)と品質管理を連動させると、内部・外部の失敗コストを50%
以上回避でき、品質にかかわる全コストを8%削減できると報告して
います。

是正措置・予防措置(CAPA)プロセスは品質管理に欠かせない重要
な要素です。この新しい課題管理/CAPA管理ソリューションは、世界
で最も広く利用されているデジタル製品ライフサイクル管理ソフトウェア
であるシーメンスのTeamcenter(R)ポートフォリオに含まれ、ウェブ・
ベースで利用することができます。このソリューションは品質管理と
変更管理を統合して意思決定を支援し、また主に品質担当エンジニア
が用いている問題への対処・解決アプローチである8D(Eight
Disciplines Problem Solving:問題解決八則)をサポートします。

「LNS Researchは、製造業にはコラボレーションが必要だと以前から
主張していますが、PLMは企業全体で統一されたプロセスを通じて
品質を管理することに大きな重点を置いています。そのPLM基盤に
課題管理/CAPA管理ソリューションが加わったことは、品質ライフ
サイクル全体の管理に向けた大きな一歩となりました」と、LNS
Researchのプレジデント兼主席アナリストであるMatthew Littlefield氏
は述べています。

問題の根本原因を恒久的に解決して再発を予防する取組みにおいて、
不適合(顧客からの苦情、欠陥、故障など)をシステマティックに
調査することに重点を置いた組織的なCAPA活動は、製品の品質と
安全性を担保するために広く実施されるようになってきました。
ひとたび問題が発生したら、それを早期に解決することが何よりも
重要となります。問題の根本原因を特定、是正、検証し、完全に
解決するまで、問題解決に向けた試行錯誤、修理、再作業などに
多くの時間と労力を費やすことになるからです。問題が内部で
見つかった場合は、製造の生産性に大きな打撃を与えます。
さらに製造後に顧客や規制当局から問題を指摘された場合は、
状況はもっと深刻となり、賠償責任につながりかねず、顧客の
満足度を大きく損ねてしまいます。

「一般的に、品質をPLM環境で管理していないがために、品質管理
プロセスが整備されておらず、一貫性に欠ける場合が多く見られます。
品質管理者が製品要件や製造プロセスを可視化できなければ、
効果的で前向きな品質管理は望めません。Teamcenterは製品データ
と品質データをリンクさせて、品質問題をエンタープライズ規模で
可視化します。Teamcenterは問題解決期間を短縮させ、不適合の
発生リスクを軽減し、品質の効果的な管理を支援します」と、
シーメンスPLMソフトウェアのライフサイクル・コラボレーション・
ソフトウェア担当シニア・バイスプレジデントのEric Sterlingは述べて
います。

Teamcenter課題管理/CAPA管理ソリューションは今すぐ入手できます。
詳細については、www.siemens.com/plm/teamcenterqualityをご覧ください。

* Aberdeenレポート(2010年9月)の『Closed Loop Quality Management:
Integrating PLM and Quality Management』は下記のサイトで閲覧する
ことができます。
リンク

シーメンス インダストリーセクターについて
シーメンス インダストリーセクター(ドイツ・エアランゲン)は、産業向け
に革新的で環境にやさしい技術とソリューションを提供している
世界的なサプライヤです。統合オートメーション技術と産業用ソフト
ウェア、各産業に特化した豊富な専門知識、技術に基づく各種
サービスを提供して、お客様の生産性、効率性、柔軟性の向上に
貢献しています。シーメンス インダストリーセクターは、産業オート
メーション事業部、ドライブテクノロジ事業部、カスタマー・サービス
事業部、金属テクノロジーのビネスユニットからなり、全世界で
100,000人を超える従業員を擁しています。
詳細はwww.siemens.com/industryをご覧ください。


シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する産業オートメーション
事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション技術、工業用
制御技術、産業用ソフトウェアを相互に組み合わせた多岐にわたる
取り扱い品目を提供し、製品の設計から製造、サービスに至る
製造企業のバリューチェーン全体を支援しています。産業オート
メーション事業部が提供するソフトウェア・ソリューションを活用
することにより、新製品の市場投入期間を最大で約50%も短縮
させることができます。産業オートメーション事業部は、産業
オートメーションシステム、制御機器とシステムエンジニアリング、
センサと通信、シーメンスPLMソフトウェア、水処理技術の5つの
ビジネスユニットから構成されています。
詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。
Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product
Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または
登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークは
それぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事