logo

スターティア、ジェイズ・コミュニケーションと クラウド市場拡大に向けた戦略的業務資本提携を締結

~スターティア、ジェイズ・コミュニケーションを割当先とする第三者割当増資を実施~

業務支援型SaaS・クラウドコンピューティングカンパニーのブランドダイアログ株式会社は、スターティア株式会社、ジェイズ・コミュニケーション株式会社とクラウド市場拡大に向けた戦略的業務資本提携を締結するとともに、両社を割当先とする総額1億9,920万円の第三者割当増資を実施することを発表します。増資後の資本金は、3億6,680万円となります。

業務支援型SaaS・クラウドコンピューティングカンパニーのブランドダイアログ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉雄一 以下BD)は、スターティア株式会社(証券コード:3393 東証マザーズ 本社: 東京都新宿区、 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷秀之 以下スターティア)、ジェイズ・コミュニケーション株式会社(東京本社 東京都中央区 代表取締役社長 愛須康之 以下 ジェイズ・コミュニケーション)とクラウド市場拡大に向けた戦略的業務資本提携を締結するとともに、両社を割当先とする総額1億9,920万円の第三者割当増資を実施することを発表します。増資後の資本金は、3億6,680万円となります。

■資本・業務提携の背景
現在、月間平均300社のお問い合わせをいただく、純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」を提供するBDは、KDDIをはじめとするOEMパートナー、セールスパートナーとともに強固な営業体制構築に力を注いでまいりました。おかげさまで、現在2,000社(2013年2月15日現在)のお客様にご利用いだいている「Knowledge Suite」のユーザー様は、中小企業を中心に月間100社以上のペースで増え続けています。そういった中、導入企業の急激な拡大に伴い、ご検討いただくお客様への販売体制が不足となりはじめ、全国のお客様への営業網強化が急務となっていました。

スターティア、及びスターティアグループは、中堅・中小企業を対象に電子ブックを始めとした WEB アプリケーションとクラウドを中心とした IT インフラの提供を行っており、日本国内の企業に対して IT サービス提供を進めるだけでなく、今春を目途に上海において子会社の設立を予定するなど、アジア諸国への進出を進めています。そういった中、2012 年 12 月に独自サービスとして、『Knowledge Suite(ナレッジスイート) 』の技術をベースにしたOEM製品『Digit@link Knowledge Suite(デジタリンク ナレッジスイート)』※1の提供を開始するなど、BDと強固な提携関係を築いていました。
本資本提携により、アジア諸国を販売地域とする独占的な販売パートナーとなるほか、法人向けクラウドストレージ『セキュアSAMBA』 ※2及び電子ブック作成ソフト『Digit@link ActiBook(デジタリンク アクティブック)(以下「ActiBook」)』※3など、スターティアグループが提供するサービスとの連携強化を図り、より一層の拡販を行っていく予定です。

ジェイズ・コミュニケーションは、Juniper Networks、Ruckus Wireless、Trustwave 製品などのディストリビューション事業、インテグレーション事業、サービス事業(保守・運用サービスビジネス、エンジニアリソースビジネス)など、ネットワークセキュリティソリューションを提供しています。また、BDとは、『Knowledge Suite』のセールスパートナー(販売代理店)契約の締結を行い、強固な提携関係を築いていました。
本業務資本提携により、主に中堅企業に対する『Knowledge Suite』の拡販を目的とした販売網の拡大、及びジェイズ・コミュニケーションが提供するセキュリティソリューション等との販売連携を図り、専門の営業部隊の構築に力を入れ、より一層の拡販を行っていく予定です。

BDは、今回の両社とのクラウド市場拡大に向けた戦略的業務提携及び資本提携により、クラウドビジネスに付加価値を与えるパートナーシップをこれまで以上に強固なものとし、クラウドサービス営業体制網を両社で構築を進め、販売における相乗効果を図る戦略的なパートナーシップを構築していく所存です。
さらに、これまで構築してきた営業網をはじめ、主要都市中心に厚みあるお客様対応を可能とし、スマートデバイス連携、通信機器、セキュリティソリューション、他のアプリケーション連携等を、より細かにお客様へご提案できる体制を構築してまいります。


【スターティア株式会社】(2013年2月15日現在)
企 業 名 :スターティア株式会社
設 立 :1996年2月
証券コード : 3393東証マザーズ
所 在 地 : 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス 19 階
代 表 者 : 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷 秀之
事 業 内 容:電子ブックを始めとした WEB アプリケーションとクラウドを中心とした IT インフラの提供
U R L : リンク


【ジェイズ・コミュニケーション株式会社】(2013年2月15日現在)
企 業 名 :ジェイズ・コミュニケーション株式会社
設 立 :1995年4月
所 在 地 : (東京本社) 東京都中央区新川1丁目16番3号 住友不動産茅場町ビル
(大阪本社)大阪府大阪市淀川区西中島5丁目5番15号 新大阪セントラルタワー南館
代 表 者 : 代表取締役社長 愛須 康之
事 業 内 容:ICTシステムインテグレーション業務/情報セキュリティシステムに係るコンサルティング業務/ネットワークインフラ、ネットワークセキュリティ製品の企画、開発、輸入、販売、保守業務
/インターネット関連システム構築
U R L : リンク



●『Knowledge Suite (ナレッジスイート)』とは?
『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』は、グループウェアはじめ、営業支援SFA/顧客管理CRMがオールインワンになった純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーションです。導入実績2,000社以上、初期費用無料、ユーザー数無制限でご利用いただけます。

<3つの特徴>
①ID課金からの解放!「ユーザー数無制限」
②ビジネスに必要なアプリケーションが「オールインワン」
③スマートフォンでも使える!「マルチデバイス対応」

<3つの安心>
④必要機能から運用開始が可能な「減らすカスタマイズ」
⑤組織・権限による「見せる・見せない情報」を制御
⑥安心・安全なクラウド環境
強固な設備、24時間監視の国内データセンター/ISO27001を考慮したSaaS設計/金融機関並みのセキュリティ対応


【ブランドダイアログ株式会社 概要】 (2013年2月15日現在)
本 社 : 東京都港区赤坂2-17-22
設 立 : 2006年11月1日
事業内容 : クラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の提供
導入支援コンサルティング/トレーニングサービスの提供
デジタルマーケティングサービスの提供
資 本 金 : 366,800,000円
代 表 者 : 代表取締役社長 兼 CEO 稲葉 雄一
U R L : リンク
関連URL : リンク

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

用語解説

【用語説明】
※1 【Digit@link Knowledge Suite(デジタリンク ナレッジスイート)とは】
「Digit@link Knowledge Suite(デジタリンク ナレッジスイート)」は、BDが開発、提供を行っているグループウェアはじめ、営業支援SFA/顧客管理CRMがオールインワンになった、純国産クラウド型統合ビジネスアプ リケーション「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」をベースにしたスターティアサービスです。
※2 【セキュアSAMBA (サンバ)とは】
スターティアが提供を行うオープンソースソフトウェア「Samba」を利用したスターティア株式会社が提供を行うクラウドファイルサーバサービスです。社内サーバと同じ利用感覚で、外部とファイル共有が可能であり、現在、郵便事業株式会社や大阪府※を始めとする大手企業・団体から中小中堅企業まで、多くの法人に採用頂いています。(※ 大阪府 府民文化部 私学・大学課にて導入。)
※3 【『Digit@link ActiBook(デジタリンク アクティブック)』とは】
スターティアグループが提供を行う電子ブック作成ソフト及びサービスです。既に株式会社小学館、株式会社角川グループパブリッシングなど出版社を中心に1,600社以上の採用実績があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事