logo

オリックス・ゴルフ・マネジメント、「御嵩工房」2月9日オープン


オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社(本社:東京都目黒区、社長:小池 正昭、以下「OGM」)は、富士OGMエクセレントクラブ御嵩花トピアコース(岐阜県可児郡、以下「御嵩花トピアC」)において、2013年2月9日に「御嵩工房」をオープンいたしますのでお知らせします。

「御嵩工房」は、御嵩花トピアCのスタートテラスにあるスイングチェックコーナーを改修しオープンするもので、従来クラブハウス内のプロショップで行っていたグリップ交換に加え、新たにクラブ無料診断を開始いたします。
「練習場ではうまく打てるのにコースに出るとうまく打てない」、「14本のクラブの中に得手、不得手(うまく打てる、打てない)がある」といったお悩みをお持ちのゴルファーもいらっしゃるのではないでしょうか。これは、もしかしたら「クラブが自分に合っていない」、あるいは「クラブの品質にバラつきがある」ということが原因かもしれません。一般的にクラブを購入する際には、シャフトの長さ(44.5inch、46inchなど)や、硬さ(R、S、Xなど)、ロフト角(8°や10.5°など)を目安にしますが、これらには日本工業規格(JIS)のような統一規格がないため、メーカーにより異なったり、1つのアイアンセットの中でも異なるなど、見た目ではわからないバラつきがある場合があります。

「御嵩工房」のクラブ診断では、クラブの振動数を測定することで見えないバラつきを数値化して分析・診断するとともに、ご自身に合った最適クラブをご提案させていただきます。具体的な診断の手順は次の通りとなります。
 ◆ステップ1【カウンセリング】プレーヤーのパーソナルデータとともに、クラブの悩みや球筋、スイングリズムなどをヒアリング。
 ◆ステップ2【クラブ診断】お使いのクラブのロフト角、ライ角、バランス、シャフト振動数などを測定診断。
 ◆ステップ3【診断結果】お使いのクラブとカウンセリングに基づく適正クラブの比較を、グラフでわかりやすく解説し、アドバイス。
 ◆ステップ4【適正クラブの選定】診断結果を基に、豊富な試打クラブの中から最適なスペックのクラブを選定。
 ◆ステップ5【弾道測定】お使いのクラブとご自身に最適なスペックのクラブを実際に試打していただき、弾道測定器で測定。“違い”の体感と、さらに最適なスペックを絞り込み。
なお、診断は、レッスンでも定評のある御嵩花トピアC所属の秋江プロが行いますので、クラブにこだわりがある方だけでなく、アベレージゴルファーの方にもわかりやすくお伝えします。診断だけでもご利用いただけますので、この機会にぜひ一度、ご自身のクラブをお持ちください。

OGMは、今後も「先進」「安定」「満足」の企業理念のもと、「1日を、大切にするゴルフ場へ。」をサービスブランドに掲げ、さらなるサービス向上に努め、ゴルファーの皆さまから、より一層愛されるゴルフ場を目指してまいります。


==========================================================
<本リリースに関するお問い合わせ先>
広報担当:古田(コダ) TEL:03-5487-0562
ホームページ: リンク
<内容に関するお問い合わせ先>
富士OGMエクセレントクラブ御嵩花トピアコース TEL:0574-68-0101
ホームページ:リンク
==========================================================

※オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社は、オリックスグループ会社です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。