logo

シダックスグループの給食受託店舗・施設で道場六三郎監修の本格和食料理を提供

シダックス株式会社 2013年02月08日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年2月8日

シダックス株式会社

全国約800の給食受託店舗・施設で、匠の味を体感!
道場六三郎監修の本格和食料理を提供
塩麹と「銀座ろくさん亭」の特製味噌チーズソースによる、新たな味の提案

 社員食堂や学生食堂、病院、工場、特養ホームなど多種多様な場所で給食サービスを提供しているシダックスフードサービス株式会社(東京都渋谷区:代表取締役会長兼社長 志太勤一:以下シダックス)は、2013年1月28日(月)~3月15日(金)、全国約800の店舗・施設で、「シダックス料理人企画」~道場六三郎監修 オリジナルメニュー「鍋風 豚肉と根菜の煮物~特製塩麹チーズソース~」~の提供を実施しております。

 シダックスグループは、2012年11月から、和食の道場六三郎氏、四川料理の陳建一氏、イタリア料理の落合務シェフという日本の料理界を代表する3方と「シダックス料理人企画」を開始。グループ内の店舗・施設で、各料理人による監修メニューの提供や調理実演イベントを行うなど、食を通じて“高級化”と“エンターテイメント”の要素を取り入れた新たな試みを行っています。
今回、その一環として、道場六三郎氏にご監修いただき、トレンド食材である塩麹と、同氏が手がける和食料理店「銀座ろくさん亭」で使用されている特製味噌チーズソースをブレンドした、オリジナルメニュー「鍋風 豚肉と根菜の煮物~特製塩麹チーズソース~」を提供しております。本フェアを通じて、お客様に少しでも身近に、“匠の味” “本格和食料理”を体感していただきたいと考えております。

 シダックスは“はぐくむ、大切なことのすべて”という基本理念に基づき、「安心・安全」で、美味しく楽しい「食」と、真心のこもった上質なサービスを提供することを通じて、お客様の健康創造に寄与し、健全な社会の実現を目指します。

■「シダックス料理人企画」~道場六三郎監修 オリジナルメニュー
 「鍋風 豚肉と根菜の煮物~特製塩麹チーズソース~」~概要

<実施日>
2013年1月28日(月)~3月15日(金)
※実施日は、各店舗・施設により異なります
<実施店舗>
全国約800の給食受託店舗・施設
<実施内容>
全国の給食受託店舗・施設にて、道場六三郎氏監修による、オリジナルメニュー「鍋風 豚肉と根菜の煮物
~特製塩麹チーズソース~」を提供。
<メニュー特徴>
・トレンド食材である塩麹に、道場氏が手がける和食料理店「銀座ろくさん亭」で使用されている特製味噌チーズソース(チーズ、白味噌、牛乳、貝エキス、かつおだし、じゃがいもペースト)をブレンドして作られた、シダックスオリジナルメニューです
・豚バラ肉、根菜類(大根、にんじん、れんこん、ごぼう、しいたけ、かいわれ)がふんだんに盛り込まれています

◆道場六三郎(みちば ろくさぶろう)
1931年石川県生まれ。19歳で料理人を志し、銀座「くろかべ」で修行を開始。神戸「六甲花壇」、金沢「白雲楼」を経て、1959年「赤坂常盤家」のチーフとなる。1971年独立して和食料理店「銀座ろくさん亭」を開店。1993年からスタートした番組「料理の鉄人」(フジテレビ)では、初代「和の鉄人」として活躍、すべてのタイトルを手にした。2000年銀座にプリフィックスを取り入れた新しいスタイルの和食「懐食みちば」を開店。2005年「現代の名工」(厚生労働省)、2007年「旭日小授章」(勲四等)を受ける。

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事