logo

◎NeusoftがPNMS資産買収をフィリップスに提案 条件規定書に調印

Neusoft Corporation 2013年02月06日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎NeusoftがPNMS資産買収をフィリップスに提案 条件規定書に調印

AsiaNet 52040
共同JBN 0127 (2013.2.6)

【瀋陽(中国)2013年2月5日PRN=共同JBN】Neusoft Corporation (Neusoft、 SSE:600718)は5日、Philips and Neusoft Medical Systems Co., Ltd.(PNMS)の株式および資産に関する取引提案をめぐり、フィリップス(Philips)と条件規定書に調印したと発表した。条件規定書によると、Neusoftの完全子会社であるNeusoft Medical Systems Co., Ltd.(Neusoft Medical)とその海外関連会社は、フィリップスが所有するPNMSの株式51%を取得する意向である。取引提案が最終合意すれば、PNMSの全知的財産権は、Neusoftとフィリップス両社が共有する。さらにコンピューター断層撮影装置(CT)スキャンのシステム・コンポーネント関連エンジニアとそのサポートスタッフ約100人から150人で構成されるチームは、ジョイントベンチャーのPNMSからフィリップスに移籍する。

Neusoftによると、多数の競争的製品と知的所有権が実証するように、PNMSはこの数年でその使命を果たした。PNMSの事業が成功したことによって、両社はそれぞれの世界展開を最適化し、競争力を向上させるための強固な基盤を築いた。この取引が合意されれば、Neusoftとフィリップスは、より柔軟な方法でこれまでの成果に基づき、それぞれの戦略に沿って新製品の開発が可能となり、これによって両社は世界市場における新たな機会と課題に対処できる長期戦略目標および計画を遂行できる。

PNMSは2004年、Neusoft Medicalとフィリップスが登記資本金2960万米ドルで共同設立した。フィリップスとNeusoft Medicalはそれぞれ51%、49%の株式を保有した。PNMSはCTスキャナー、磁気共鳴画像装置(MRI)、超音波・エックス線装置などの医療システムの研究開発および生産に特化し、その製品はNeusoftおよびフィリップスのブランドでそれぞれの販売網を通じて世界市場に投入されてきた。医療システムにおけるNeusoft Medicalおよびフィリップス両社のベストプラクティスに基づき、PNMSは技術革新と新製品開発にコミットし、多数の技術的ブレークスルーと特許を実現した。その製品ポートフォリオは4つのカテゴリー、10のシリーズ、20のモデルが含まれ、17の食品医薬品局(FDA)認可、17のCE認定を受けている。同社製品は世界約70の国・地域で幅広く使用されている。PNMSは創立以来長年にわたり、Neusoftが世界市場を拡大できる高品質製品を提供するとともにフィリップスの製品ポートフォリオも拡充、Neusoftとフィリップスの世界市場での競争力を向上させるうえで大きな貢献をした。

今回の発表によると、取引提案が合意されればNeusoft Medicalは元のジョイントベンチャーのホールディング会社になり、その経営は継続される。さらに、PNMSが過去に積み上げてきた知的資産は、フィリップスとNeusoft Medicalそれぞれの事業展開の必要に応じて、共同所有およびライセンスの形で共有される。Neusoft Medicalおよび元のジョイントベンチャーは研究開発、CTスキャナー、MRI、エックス線装置、超音波診断装置などの医療システムの生産・販売の事業を継続する。さらに、フィリップスとNeusoft Medicalはシステムのコンポーネント・サプライおよび相手先ブランドによる生産(OEM)サプライの形でパートナーシップを維持する。

Neusoft Corporationの会長兼最高経営責任者(CEO)の劉積仁(リュー・ジレン)博士は「Neusoftとフィリップスのパートナーシップが成功したことによって、両社は世界市場を大幅に拡大することができた。市場環境と事業変革は絶え間なく変化しており、われわれはこの変化への適応の仕方を考慮して長期戦略および成長を調整しなければならない。今回の取引によって、双方は元のジョイントベンチャーの成果を完全共有し、製品の位置づけおよびマーケティング戦略のさまざまな側面でイノベーションの柔軟性とその推進力を向上させることができる。Neusoftは今後もCT製品などの製品ラインを充実させる積極的な製品戦略を堅持し、世界市場、とりわけ急成長する新興市場における拡大をいっそう促進していく」と語った。

Neusoftとフィリップスは取引提案についての交渉を今後も継続し、正式合意および最終契約は2013年末までに完了するとみられる。

▽Neusoft Corporationについて
Neusoftは、世界に事業展開するITソリューションとサービスの中国大手プロバイダーである。ソフトウエア技術に特化するNeusoftは業界ソリューション、製品工学ソリューション、およびそれに関連するソフトウエア製品&プラットフォーム、サービスを提供する。Neusoftは世界で2万人以上を雇用し、中国全土に40を超える総合的な販売・サービス網を擁し、米国、欧州、日本、中東に子会社がある。同社は中国で最初に株式上場したソフトウエア企業であり、その株式は上海証券取引所で取引されている。詳細はウェブサイトリンクを参照。

▽Neusoft Medicalについて
Neusoft Medicalは中国・瀋陽に本社がある。Neusoft Corporationの完全子会社としてNeusoft Medicalは中国の最新医療機器の一流開発企業およびメーカーとなった。同社は研究開発、ソフトウエア開発、システム統合の長所を備えており、これに最高の医療機関、大学研究所との共同研究が結合して、Neusoft Medicalは1998年の創設以来20以上の新製品をリリースし、世界で数千に上る医療システムをインストールした。詳細はウェブサイト
リンクを参照。

詳細については以下に問い合わせを。
Evelyn Tang
Branding & Marketing Management Center
Neusoft Corporation
Phone: +86-24-8366-5663
Email: tangyi@neusoft.com

ソース:Neusoft Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事