logo

親の心子知らず…! 受験生と保護者の「ほどよい距離感」とは?


株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:福島 保)が提供する「進研ゼミ大学受験講座」は、大学受験に直面している高校生を支援する「合格応援プロジェクト」を実施しています。

受験直前期は緊張と不安でセンシティブになりがちな時期。
保護者の「優しい気遣い」も、タイミングと内容をひとつ間違えると
「おせっかいな過干渉」になってしまうことも…。
受験生と保護者の適切な距離とは、どのようなものなのでしょうか。

そこで進研ゼミ高校講座では、元受験生の大学生にアンケートをとり、
受験生当時に「保護者の方にしてもらってうれしかったコト・イヤだったコト
ベスト&ワースト3」を聞きました。
来年以降受験を控えている高校生の保護者の方、ぜひご覧ください。

( リンク )
-------------------------------

※「15万人以上」の数字は「進研ゼミ高校講座」・「進研ゼミ東大特講√T」・「進研ゼミ京大特講√K」受講経験者への進路調査(H21~H24年度入試)より。全国の国公私立大の現役合格者数の合計。※「現役」のみの合格実績を掲載。既卒生や進研模試のみの受験者は一切含みません。※受講期間3か月以上に相当する受講経験者で集計。※複数の大学、複数の学部・学科・日程・方式に合格している方については、複数の合格者数として集計。

センター試験も終わったこの時期、
高校生は不安と緊張を感じながら毎日を過ごしています。
保護者の方としても、なんとかサポートしてあげたいところですね。

でも、保護者の思いを受験生に伝えるのはなかなか難しいようです。
何気ないひと言がやる気をそいでしまったり、
逆にちょっとした気遣いがうれしかったり…。

そこで、進研ゼミ高校講座ではもと受験生の現役大学生200人に
「受験生当時、保護者の方にしてもらってうれしかったコト」
また逆に「ちょっとイヤだったコト」をアンケートで聞いてみました。
今回は、その一部をご紹介します。

-------------------------------
「大学受験に関して、保護者の方にしてもらってうれしかったことは?」という問いかけには、さまざまな声がよせられました。
「うれしかったことランキング」1位は、「そっとしておいてくれたこと」。
何も言わなくても、保護者の心は伝わります。努力を信じて見守ってくれることが、何よりも嬉しいのですね。

「そっとしておいてくれたこと」以外にも、さまざまな嬉しかったことの例をいただきました。
どのエピソードにも、受験生を信じる保護者の気持ちがあふれています。

●いままで頑張ってきたから大丈夫という励ましの手紙を、
 二次試験の時に作ってくれたお弁当に添えてくれた。
 (北海道大 医学部 女性)
●「自分の後悔しない道を選びなさい。」と言われ、受験への迷いがなくなった。
 (新潟大 工学部 女性)
●自分の頑張りを信じてくれていた。志望大学についていろいろ調べてくれ、
 一緒に大学選びの話に付き合ってくれた。
 (熊本大 理学部 男性)
●朝早くから起きて受験勉強していました。
 ある朝いつも通り起きると机の上にチョコレートが。
 どうやら寝る前に母が置いておいてくれたみたいです。ちょこっとうれしかった。
 (東京外国語大 外国語学部 男性)
●勉強のせいでご飯が食べる時間がバラバラになってしまったけど、
 毎日温かいご飯を作ってくれたこと。
 (九州大 薬学部 女性)

そのほかの声、注目の「うれしかったことランキング」は
下記Webページに掲載しています。
受験生がしてもらいたいことNo.1は何か、ぜひご覧ください。
( リンク )

-------------------------------
逆に、「大学受験に関する保護者の方の気遣いで、してほしくなかったことは?」という質問はどうでしょうか。
「イヤだったことランキング」1位は、なんと「とくになかった」。
意外に保護者の気持ちは受験生に伝わっているのかもしれませんね。
しかし一方では、「受験勉強の進捗を聞かれた」「必要以上にかまわれた」など、おせっかいに感じている意見が見受けられました。

思いやりからよかれと思ってしたことが、逆にプレッシャーやストレスになることも…。
状況に応じた、適度な関わり方が必要なようです。

●勉強中にテレビやラジオの音量を下げてくれていた。
 しかし、気遣いされると気になってしまうのでそうして欲しくなかった。
 (日本大 文理学部 男性)
●体調の面を特に心配していたらしく、食欲が無いときも無理矢理食べさせられた。
 (鹿児島大 理学部 女性)
●気晴らしにお菓子を作ってもよいか、と聞いたところ、午後には大量の材料が冷蔵庫に…部活に配れるような分量だった。
 そこまでせっぱつまってなかったので逆に焦った。
 (静岡大 農学部 女性)
●「頑張ってね」という励ましの言葉は逆にプレッシャーになった。
 (山梨大 教育人間科学部 女性)
●進路についてぶつかってしまったことがあり、大変なストレスになってしまいました。
 (静岡大 教育学部 女性)

そのほかの声、注目の「イヤだったことランキング」は
下記Webページに掲載しています。
受験生がしてほしくなかったことワースト1は何か、ぜひお確かめください。
( リンク )

-------------------------------
受験生のホンネを知って、より適切にサポートしてあげるために…。
来年以降に、大学受験を控えた高校生のお子さんを
お持ちの保護者の方、ぜひアンケート結果をご覧ください。
( リンク )

<「受験生応援特集」サイトについて>
■全国の受験生、高校生のみなさんを応援!
志望大に合格した先輩からのアドバイスや、逆転合格の秘訣、カウントダウンタイマーなどの役立つコンテンツを用意して、受験生を応援しています。大学受験の参考になる先輩の体験談は必見!ぜひご確認ください。

「受験生応援特集」サイト
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。