logo

ビートコミュニケーション、社内SNS(エンタープライズソーシャル)にコミュニティタイムライン機能、ファイリング機能、グローバルノーティス機能をリリース

~ソーシャルインフォメーションをフローとストックで管理~

ソーシャルテクノロジーにおいては大量に入ってくるソーシャルインフォメーションのフィルタリングが重要視されており、今回、フロー型とストック型の情報を個別管理することでより便利なエンタープライズソーシャルを追求した。



エンタープライズ向けソーシャルネットワークのリーディングカンパニー株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮)は、企業内SNS『Beat Shuffle(ビートシャッフル)』にコミュニティタイムライン機能、ファイリング機能などを実装した。今迄もソーシャルテクノロジーにおいては大量に入ってくる情報の仕分けが重要とされており、今回はフロー型の情報とストック型の情報を個別に見やすくし管理できるようにすることにより仕事を円滑に推進できるエンタープライズソーシャルの理想系を追求した。

今回のバージョンアップにより、コミュニティ(プロジェクト)単位でのタイムライン(つぶやき)が可能になった。これによってユーザー企業は個別プロジェクト単位で遠隔に離れているメンバーがチャット感覚でディスカッションを繰り広げることができるようになる。

また、ファイルリング機能ではユーザーが管理しているファイルを一覧で管理できるとともに自分が所属しているコミュニティで管理されているファイルがリスト化される。これによってノウハウの共有が一段と進み、企業内で定期的に発生する人事異動による、新担当者の「0」からの知識構築や人材流動における知の流出を少しでも回避することができる。

他には、情報を閲覧しやすくするために画面遷移せず、未読がチェックできるグローバルノーティス機能も実装した。これによりクリック回数が減り、ユーザーに対する負担を軽減することが可能になった。


▼新機能の概要

【コミュニティタイムライン】
・コミュニティごとの「つぶやき機能」として、タイムラインを設置。
 (スマートフォン、フィーチャーフォンも同様)

【ファイリング機能】
・ファイリング機能にて、自分のファイルや参加しているコミュニティのファイルが閲覧できる。

【グローバルノーティス機能】
・ページ遷移せず、地球マークをクリックでお知らせウィンドウを表示。
・未読のお知らせがハイライトされる。お知らせの確認後はハイライトが解除される。
・最大10件まで新着順に表示。


▼『Beat Shuffle』製品情報:
リンク

【『Beat Shuffle』製品概要】
『Beat Shuffle』は、タイムライン、コミュニティ、Q&A、スケジュール機能などのSNSに必要なすべての機能を中核とした、全く新しい法人向けプラットフォームです。部署や企業を超えたコラボレーション(協業)から情報共有・スケジュール管理までビジネス環境の向上を目的とした国内の企業内SNS分野におけるベストセラープロダクト。
機能紹介: リンク


【Beat Communicationについて】
2003年に国内で初めてビジネスソーシャルネットワーク実験を行い、2004年に世界で初めて企業内ソーシャルネットワーク(社内SNS)を発表した業界のパイオニア。さらに2008年には、世界に先駆けて企業のCO2を削減するITシステム「Eco Style」を開発。2010年には、OSGIの技術を用いた全く新しいコンセプトの未来型SNS「Beat Shuffle」をリリース。主な顧客には、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパン、日本航空株式会社、株式会社ジュピターテレコムなど数多くの大手企業に社内SNSを提供。

社名 : 株式会社Beat Communication
代表者: 代表取締役 村井 亮
所在地: 東京都港区南青山5-8-1 Scene Akira 3F
URL  : リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
広報担当: 小石
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
Mail  : pr@beat.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事