logo

KLab、Android向けに2タイトルのゲームを同時投入 Androidマーケット拡大に伴い、ラインナップを拡充

~『Lord of the Dragons』(グローバル)と『召喚アルカディア』(国内)をそれぞれ1月31日よりGoogle Playで配信開始!~

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田 哲弥、以下「KLab」)は子会社であるKLab Global Pte. Ltd. を通じ、1月31日より以下のゲームアプリ(2タイトル)をGoogle Playに配信開始いたしましたので、お知らせします。

タイトル :Lord of the Dragons
提供先  :Google Play(グローバル)
提供開始日:2013年1月31日

タイトル :召喚アルカディア
提供先  :Google Play(国内)
提供開始日:2013年1月31日


この度Google Play(グローバル)に提供開始した『Lord of the Dragons』は、2012年9月13日にKLabにグローバル専用ゲームアプリとして提供を開始。12月14日からは逆ローカライズという形で日本国内のApp Storeにも提供している人気タイトルです。米国ではTop Grossing Appsにて30位以内を4ヶ月間に渡ってキープ、日本でもトップセールスで20位台に入るなど、世界的に人気を獲得しつつあります。

また、Google Play(国内)に提供開始した『召喚アルカディア』は、Mobageにて累計ユーザー数55万人を突破する同名人気タイトルを、よりリッチにグレードアップしたスマートフォン向けのネイティブゲームアプリです。2012年11月からはApp Storeにも提供しております。

これまではAndroidとiOSのマーケットを比較すると、売上高では圧倒的にiOSマーケットのほうが上回っており、両者のマーケット規模には大きな差が存在していました。しかし、2012年に入りAndroidマーケットが急成長し、iOSマーケット以上の高い成長率を見せています。これにより、両者のマーケット規模の差は縮まってきています。こうした状況にあって、今回は2本のAndroid向けゲームタイトルを、グローバル向け、国内向けに同時投入しました。

KLabでは複数プラットフォーム/マーケットにゲームの提供を行なう“マルチプラットフォーム戦略”を採用していますが、今後もAndroid向けゲームをはじめ、様々なプラットフォーム/マーケットにゲーム配信の提供を行なってまいります。

【ゲームの概要】

<『Lord of the Dragons』>

■コンセプトアート
リンク
(c)KLabGames

■Story
世界を制覇するため、ドラゴンの大群を率いるドラゴンロードが地上に舞い降りた。ドワーフ、エルフ、デーモン、フェアリー等の王国を統括し、ドラゼロスをドラゴンから守れ!

■『Lord of the Dragons』画面イメージ
リンク
(c)KLabGames

【公式サイト】
リンク
【公式Facebookページ】
リンク


<『召喚アルカディア』>

■コンセプトアート
リンク
(c)KLabGames

■Story
「召喚アルカディア」はクエストを進めながら“召喚獣”と呼ばれるキャラクターを獲得し、そのキャラクターを編成してユーザー同士の対戦を楽しむことができるファンタジーRPGです。ゲームに登場する術士と召喚獣には相性が存在し、また召喚獣の「攻撃」「防御」「魔法」「速さ」のステータスは、術士が持つ「アビリティ」で変化します。最高の組み合わせを探し、高度な戦術のバトルを楽しんでください。

■『召喚アルカディア』画面イメージ
リンク
(c)KLabGames

【ダウンロードURL/Google Play】
リンク

*: 各社の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

■KLab(クラブ)株式会社について  リンク
社名   :KLab株式会社 (英文名:KLab Inc.)
代表者  :代表取締役社長 真田 哲弥
設立   :2000年8月1日
資本金  :9億3,392万円(2012年12月末現在)
株式公開 :東京証券取引所・市場第一部(3656)
本社所在地:〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

 
《本件に関するお問い合わせ先》
KLab株式会社(クラブ株式会社) 社長室 広報担当
TEL:03-5771-1326 / E-MAIL: press@klab.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事