logo

紙とマルチメディアを融合するクラウドサービス「SkyDesk Media Switch」提供開始

富士ゼロックス株式会社 2013年02月04日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/02/04

富士ゼロックス株式会社

紙とマルチメディアを融合するクラウドサービス「SkyDesk Media Switch」提供開始

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、紙とマルチメディアを融合するクラウドサービス「SkyDesk Media Switch(スカイデスクメディアスイッチ)」を本日より提供いたします。当初は東京都、神奈川県、埼玉県のお客さまを対象とし、順次全国に拡大いたします。
 「SkyDesk Media Switch」は、富士ゼロックス米国関連会社 FX Palo Alto Laboratory, Inc.が研究・開発した類似画像検索技術「Embedded Media Markers」(注1)を活用し、スマートフォンで印刷物を撮影すると、その画像に紐付けられた動画やWEBなどのマルチメディアをスマートフォン上に配信できるしくみを提供するクラウドサービスです。
 本サービスは、販促物等の企画、制作、印刷を行っている企業に対して、紙面上の場所とリンク先の情報を指定するだけで紙とマルチメディアを簡単に結びつけるツールを提供します。これにより、これまでの制作フローを大きく変更することなく、印刷データ(PDFデータ)とインターネットにつながったパソコン、そして出力する印刷機さえあれば、その場で簡単にマルチメディアを活用した印刷物を制作でき、対象の業務、コンテンツに合わせて、紙とマルチメディアを融合させたコミュニケーションが可能になります。
 スマートフォンユーザーに対しては、印刷物を撮影して動画やWEBを閲覧するための専用アプリケーションを提供します。例えば、印刷されたレストランのメニューから素材の情報やレシピの動画を閲覧したり、商品カタログ、チラシなどの紙面から商品紹介映像などを閲覧できます。
 当社は2011年から、オフィスのコミュニケーション、コラボレーションにかかわる業務の効率化を支援する「SkyDeskサービス」を提供しております。昨今のスマートフォンの急速な普及により、YouTube等の動画配信サイトが浸透し、企業が自社および自社製品の広告、宣伝、説明のために動画を活用することが増えてきています。また、これらの動画を場所や時間にとらわれず、いつでもどこでも視聴できる環境が整いつつあります。
 このような背景のもと、お客様のコミュニケーションのさらなる深化を支援するために、「SkyDeskサービス」の提供範囲を広げます。「SkyDesk Media Switch」を皮切りに、今後もさまざまなメディア関連の技術を活用し、ドキュメントサービス&コミュニケーション領域において付加価値を高めるサービスの提供を目指します。
注1 独自の編集ツールにより半透明なマーカーを付加し、紙と電子コンテンツを紐づける技術

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。