logo

EMCジャパン、企業内ビッグデータの保存と管理に対応した スケールアウトNAS「Isilon」の販売開始を発表

~スケールアウトNASが、特定分野向けからファイル共有などの一般的なNAS用途に~

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL:リンク)は、企業内ビッグデータの保存と管理に対応したスケールアウトNAS「EMC Isilon (アイシロン)*1」の最新版を販売開始したことを発表しました。昨今、企業内のデータは、個々のデータ・サイズが確実に大きくなるのと同時に、よりマルチメディア化してきているため、急速に膨れ上がっています。このため、多くの企業でビッグデータへの対応が必要となってきました。最新版の「Isilon」は、次世代アーキテクチャとして、最新のオペレーティング・システム(以下OS)「OneFS 7.0」ならびに大容量ディスク・ドライブを搭載し、ビッグデータの保存と管理に最適なストレージです。

最新OSの「OneFS 7.0」は、企業がビッグデータを利用する際、IT部門が運用管理するために必要な機能であるセキュリティ、データ保護、相互運用性、パフォーマンスやスケーラビリティを大幅に強化しています。具体的には、改ざん防止機能(WORM)のSEC(米国証券取引委員会)Rule 17a-4対応や、仮想化対応(VASA*2およびVAAI *3)するなど、スケールアウトNASでは業界初の機能を搭載しました。これにより、これまでメディア・エンターテイメントやハイパフォーマンス・コンピューティングなどの特定分野で主に利用されていたスケールアウトNASを、ファイル共有や、アーカイブ、ホームディレクトリー、仮想環境の共有ストレージ、などの一般的なNAS用途で使用可能にしました。

また、「Isilon X400」、「Isilon NL400」の2機種において、これまで最大で3TBだったハードディスク・ドライブが、このたび4TBに対応したことで、ストレージ・システム当たり最大20.7PB(ペタバイト)= (4TB×36本×144ノード)の単一ファイル・システムを構成することが可能になりました。この大容量ハードディスク・ドライブにより、従来製品と比較した際、容量あたりのラック搭載密度を30%向上、消費電力を30%低減し、TCOの削減に寄与します。また、SEC Rule 17a-4 準拠の強固な改ざん防止機能と組み合わせることで、企業
の重要なデータを安全に長期保管するエンタープライズ・アーカイブのニーズに応えます。

「OneFS 7.0」の主な拡張機能
●セキュリティの強化
 - ロールベースアクセス制御(RBAC)の細分化
 - 認証ゾーンの複数割り当て(マルチテナンシー)対応
 - スケールアウトNASとしては、初めて、改ざん防止(WORM)機能をSEC Rule
  17a-4 準拠し強化

●データ保護
 - スナップショットからのデータを復旧する作業を簡素化
 - 遠隔地復旧サイトとのフェイルオーバーとフェイルバックを簡素化

●仮想化環境への対応
 - スケールアウトNASとして初めてVASAおよびVAAIとの統合をサポート
 - ファイル単位の書き込み可能クローンを作成可能

価格と提供について

■価格(価格は1ノード、税別):
  製品名 参考価格 ディスク容量
  Isilon X400 14,457,200円 144TB(4TB x 36)
  Isilon NL400 11,362,200円 144TB(4TB x 36)
なお、Isilonをすでにお使いのお客様でサポート契約済みの場合は、無償で
「OneFS 7.0」にアップグレード可能です。

■提供:「OneFS 7.0」ならびに4TBハードディスク・ドライブに対応した
「Isilon X400」、「Isilon NL400」 は、本日1月31日よりEMCジャパンおよびEMCジャパンの販売パートナーである認定されたVelocity (ヴェロシティ) パートナーから提供を開始します。

製品詳細
「Isilon OneFS 7.0」: リンク 

製品写真 (下記よりダウンロードいただけます)
「Isilon X400」:リンク
「Isilon NL400」:リンク

*1「Isilon」について: ビジネスの成長に合わせて段階的な拡張を実現するスケールアウトNASです。「Isilon」は、ノードを追加することで容量を拡張し、同時にパフォーマンスも向上させます。導入に際し、将来的なデータ増加の予測や過剰なプロビジョニングの必要がありません。20ペタバイトを超えるストレージを1つのファイル・システムで運用することができ、ストレージ管理者の負荷を大幅に軽減します。「Isilon」は、あらゆるビジネス・ニーズに適合するよう、3種類のプラットフォームを提供しています。高いIOPS性能を必要とするアプリケーション向けにパフォーマンスを高速化したSシリーズ、容量とパフォーマンスのバランスが取た、あらゆるニーズに対応することができるXシリーズ、コスト・パフォーマンスに優れたニアライン・ストレージであるNLシリーズをラインアップしています。
*2 「VASA」: VMware vSphere Storage APIs for Storage Awareness
*3 「VAAI 」: VMware vSphere Storage APIs for Array Integration


# # #

■EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。
リンク


本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通) 
E-mail: japanpr@emc.com

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
部長 笛田理枝子 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8174 (直通) 
E-mail: japanpr@emc.com

# # #

(C)2013 EMC Corporation. All rights reserved 
EMC、EMC2、EMCのロゴ、IsilonおよびOneFSは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事