logo

P&G ウィスパーから新発想! ニオイまで吸収する肌にやさしいナプキン 「ウィスパー ピュア肌」 3月上旬より全国で新発売

P&G 2013年01月30日 10時30分
From Digital PR Platform


P&G(本社:神戸市)の生理用品ブランド「ウィスパー」は、経血だけでなくニオイまで吸収する新製品「ウィスパー ピュア肌」を2013年3月上旬より新発売いたします。

女性の生理期間にはモレや肌のかぶれ、ニオイなど心配はつきもの。いつもの自分らしく過ごせないという女性も多いようです。すべての女性が生理期間を心配ゼロで、いつもピュアでかわいく過ごせるよう、ウィスパーはモレや肌トラブル*だけでなくニオイにまでアプローチできる製品を開発しました。

その秘密は、新たに採用した独自の「においクリーン分子」。ニオイを香りでごまかすのではなく、ニオイを元から吸収します。また、新しい「ふんわりホイップシート」は赤ちゃんの肌にも使えるようなやさしい肌触り。ナプキンのふちまでふわふわに仕上げました。さらに、経血をすばやく吸収体に誘導して閉じ込め、後戻りさせないから表面はいつもさらさら快適です。
新しい「ウィスパー ピュア肌」なら、生理中でも肌トラブルやニオイを気にせずいつでもピュアでかわいいあなたでいられます! 
*ナプキンとのこすれによるかゆみや不快感

■「ウィスパー ピュア肌」製品概要
 -「ウィスパー ピュア肌 多い日昼用」  (羽なし24cm) 20枚
 -「ウィスパー ピュア肌 多い日昼用」  (羽つき24cm) 24枚
 -「ウィスパー ピュア肌 多い日昼・夜用」(羽つき28cm) 10枚
発売日 : 2013年3月上旬
発売地域 : 全国
価格:全てオープン

■製品特長
【ニオイまで吸収する全く新しいナプキン!】
 これまで、パッドに吸収された経血は、ナプキンを付けている間にパッドの内側でニオイの原因を生み出し、そのプロセスを食い止めるのは難しいとされてきました。
 ウィスパー ピュア肌は新しく「においクリーン分子」を採用。表面の「ふんわりホイップシート」が経血を素早く引き込み、吸収体まで誘導します。その後、吸収体の奥にある独自開発の「においクリーン分子」がニオイを生み出すプロセスをしっかりブロック。ニオイを覆い隠すのではなく、ニオイを元から吸収します。

【「ふんわりホイップシート」採用で赤ちゃんの肌にも使えるようなやさしい肌ざわり】
 新しく採用した「ふんわりホイップシート」は、ウィスパー従来製品と比べて優れたクッション性を持ち、赤ちゃんの肌にも使えるようなやさしい肌触りです。肌へのやさしさのためにナプキンのふちまでふわふわに仕上げました。また、経血を素早く吸収体に引き込み、パッドの奥に閉じ込めるから表面はいつも快適。ムレやかぶれ、ピタッと張り付くような不快感を防ぎます。

■参考資料
【ウィスパーが独自開発 「においクリーン分子」のパワーを検証!】
 アンモニア(ニオイ)がある状態でフェノールフタレインを垂らすとピンクに変色するフィルター紙と水、「においクリーン分子」を使用します。
1. フィルター紙を2枚用意し、左のフィルター紙には水を、右のフィルター紙には「においクリーン分子」を2滴ずつ垂らします。左右両方のフィルター紙に0.1%のアンモニア溶液を1滴ずつ垂らし、その上からフェノールフタレインを垂らします。フェノールフタレインによりアンモニア溶液はピンク色に変色
し、ニオイが強いほどそのピンク色は濃くなります。

2. 15秒後、色の違いを確かめます。「においクリーン分子」がアンモニア溶液をキャッチし、ニオイが消えていることがわかります。


<P&Gについて>
P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界の約46億人の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、生理用品「ウィスパー」をはじめとして、紙おむつの「パンパース」、衣類用洗剤「アリエール」「ボールド」、柔軟仕上げ剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ウエラ」、シェーバー「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」、ペットフード「アイムス」など、様々な製品を提供しています。(リンク



<本件に関するお問い合わせ先>
報道関係
 P&G 広報渉外部     TEL:0120-123021または078-845-5050
お客様
P&G お客様相談室   TEL:0120-021329
WEBサイトURL
 リンク (ウィスパー公式サイト)
 リンク (ウィスパー ピュア肌特設サイト 2013年2月22日 公開予定)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。