logo

ヒューマンデータ、Xilinx社のSpartan-6 LX 搭載FPGAボード「XCM-306シリーズ」を発売

ヒューマンデータ 2013年01月29日 16時30分
From JCN Newswire

Osaka, Jan 29, 2013 - ( JCN Newswire ) - ヒューマンデータは、Xilinx社の高性能FPGA Spartan-6 LXを搭載した新しいFPGAボード「XCM-306シリーズ」を発売した。

XCM-306シリーズは、 Xilinx社の高性能で大規模なFPGAであるSpartan-6 LXをセミカードサイズ(54mm x 53mm)に搭載し、 56本のI/Oを使用可能。オンボードクロック、コンフィギュレーションROM、汎用DIPスイッチ、汎用LED、ステータスLEDなどを備えている。内部に必要な1.2V生成回路内蔵し、ボードとしては3.3Vの単一電源で動作する使いやすいボードである。

ヒューマンデータのACM/XCMシリーズボードは基板サイズやコネクタ仕様などが統一されており、異なるメーカーのFPGAやCPLDを選択して使用することができる。

XCM-306シリーズは鉛フリー実装で、RoHS指令に対応している。

特長

- XC6SLX4-2TQG144CまたはXC6SLX9-2TQG144Cを搭載
- 豊富なI/Oを外部引き出し(56本 CNA:28+CNB:28)
- コンフィギュレーションROM M25P16 (Micron, 16Mbit)
- オンボードクロック50MHz(外部入力可能)
- FPGAへのコンフィギュレーションとROMへのISPが可能な7ピンJTAGコネクタ装備
- JTAG Buffer回路で、安定したダウンロードを実現
- 3.3V単一電源動作 内部に必要な1.2V生成回路内蔵
- 汎用DIPスイッチ x1bit
- 汎用LED x1
- ステータスLED(Power,Done)
- コンフィギュレーション用リセット機能
- 6層基板を採用
- 基板寸法:54mmX53mm(セミカードサイズ)
- RoHS指令対応

XCM-306製品ページ: リンク

報道用精細画像: リンク

ヒューマンデータのFPGA/CPLD評価ボードは

- FPGAの動作に必要な最低限の機能を搭載。単一電源ですぐに活用できます
- ACM/XCMシリーズはそれぞれ外形やコネクタ位置が同一で置き換えが可能です
- AP/XPシリーズはそれぞれ外形やピン割付が同一で置き換えが可能です
- 回路図、マニュアルは購入前でも自由に参照できます
- 豊富な納入実績で安心してお使いいただけます
- 基本的に即納体制で最短翌日からご活用いただけます
- スピードグレード変更などのカスタマイズもご相談ください

概要:ヒューマンデータ

ヒューマンデータは超少量生産のものづくり企業です。超小ロットにてFPGA/CPLDの評価ボード、学習用ボード、USB関連商品などを開発製造しています。詳細は www.hdl.co.jp をご覧ください。

お問合せ先:
有限会社ヒューマンデータ
567-0034 大阪府茨木市中穂積1-2-10 ジブラルタ生命茨木ビル
TEL 072-620-2002
FAX 072-620-2003

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。