logo

市民が「Facebook」を通じて地元のいいとこPR、「ふじ氏」「かまくらさん」情報発信開始

株式会社リクルートライフスタイル 2013年01月28日 14時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 冨塚優)に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター(以下JRC)」(リンク)は、「富士山」を擁する富士市、「武家の古都・鎌倉」を擁する鎌倉市と共同し、今夏の世界遺産登録を見据えて、地元民発信のPR活動「富士市・鎌倉市 ソーシャル世界遺産プロジェクト」を立ち上げました(JRCは、本PJTの企画運営を担う)。
 1月28日(月)より、各市の情報発信市民「ふじ氏」「かまくらさん」が「Facebook」を通じてPRを開始いたしましたのでご報告いたします。

――――――――――――――――――――
富士市・鎌倉市 ソーシャル世界遺産プロジェクト概要
――――――――――――――――――――
 世界遺産登録を見据えた最大級のソーシャル発信者プロジェクト

 2013年夏の世界遺産登録をめざし、準備を進めている鎌倉市と、富士山を擁する富士市。本プロジェクトは、この2市の、後世に伝えていくべき遺産を守るために地元民の地元愛パワーをソーシャルでつなぐ「シティプロモーション」の取り組みとなります。地域の魅力を、ソーシャルメディアの活用により、地元民1人1人がスポークスマンとなって地域の内外へと広めることで「地域イメージをブランド化」、「世界遺産登録」を機に、より魅力的なまちづくりを推進し、観光客や転入者を増やすこと、住民に「誇り」や「地元愛」を根づかせることを目的としています。

 (1)「地元愛」が高まる→(2)住民は街の発展に貢献・コミットしようとする→(3)「世界遺産登録」後の観光客に対するホスピタリティの精神が生まれる→(4)来訪する観光客も、地元民の地域愛を知りゴミを捨てないなどマナーを守る→(5)一過性でなく持続的に発展していく環境ができる。そんな街づくりを目指し、地元を愛する人であれば誰でも「ふじ氏」「かまくらさん」に任命され、発信できます。1月28日(月)よりFacebookページの発信者(管理人)としてPRを開始し、最終的には、鎌倉市は1192名、富士市は3776名×彼らのソーシャルグラフを通じ、最大級のソーシャル発信を目指し、「世界遺産登録」で注目を浴びるであろう2市のプロジェクトを推進します。

◎「かまくらさん」「ふじ氏」情報発信の仕組みについて◎ ※PDF参照

1回の書き込みで「個人」として、かつ、「ふじ氏」または「かまくらさん」としてダブルで伝播します。投稿は、専用アプリを通して行います。(PDF参照)

【「ふじ氏」応募要項】募集人数:3776名 ※富士山の標高
■条件:富士市内に在住・在勤は問わない。富士市や富士山に愛着を感じていること、自分が富士山や富士市についての情報発信をfacebookでしてくれること。
■応募方法:リンク

【「かまくらさん」応募要項】募集人数:1192名 ※ 「1192(いいくに)作ろう鎌倉幕府」のゴロ合わせ
■条件:鎌倉市内に在住・在勤で、鎌倉地域に愛着を感じていること、自分が好きな鎌倉をfacebookで情報発信してくれること。
女優鶴田真由さん、浄智寺の住職も「かまくらさん」として発信します。
■応募方法:
リンク

※世界遺産登録は、2013年(平成25)5月頃にはイコモスから評価結果が勧告され、6月に開催されるユネスコ世界遺産委員会における審査を経て、登録の可否が決定される予定です。

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。