logo

インフォマティカ、2012年データマスキングテクノロジーのマジック・クアドラントでリーダーに位置付けられる

― 「実行能力」および「ビジョンの完全性」でハイスコアを記録 ―

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2013年1月10日 - データ
インテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダー
Informatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、
NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、ガートナー社が2012年
12月21日に公開した2012年のデータマスキングテクノロジーのマジック・
クアドラント(2012 Magic Quadrant for Data Masking Technology)レポート
において、インフォマティカが「リーダー」クアドラントに位置付けられたことを
発表しました。マジック・クアドラント図を含めたレポートの完全版はインフォ
マティカのWebサイトwww.informatica.com/datamaskingよりご覧いただけます。

同レポートの作成者であるジョセフ・フェイマン(Joseph Feiman)氏とカーステン
・キャスパー(Carsten Casper)氏は次のように述べています。「リーダーは、
実行能力とビジョンをバランスよく実現しており、市場内のベンダーとソリュー
ションの競争力を底上げしていくだけではなく、業界全体の成長をリードして
いく傾向があります。リーダーの戦略は、データセキュリティとコンプライアンス
に重点が置かれており、SLC (Software life cycle) およびデータ管理のセキュリ
ティスペシャリストのニーズに応えています。リーダーのブランドは、データ
セキュリティの分野で広く認識されており、リーダーはSDM(スタティックデータ
マスキング)機能にとどまらず、データリダクション機能、DDM(ダイナミック
データマスキング)、DAM/DAP(データベースアクティビティモニタリング/データ
ベース監査と保護)、セキュリティインテリジェンスなどを含む幅広いデータ
セキュリティ能力を網羅しています。同時にリーダーは、進化し続ける市場に
おいても、大手顧客を獲得し、収益を上げることができています。しかし大手
ベンダーが、必ずしも購買担当者にとって、デフォルトの選択肢ではなく、リーダー
に位置付けられているベンダーからのみ購入する必要はないと忠告しています。
リーダー以外のベンダーの方が、より自社のニーズを満たすソリューションを提供
していることも十分にあるのです」

同レポートでは、「機密データ(クレジットカード番号など)、個人情報(米国の
社会保障番号など)、医療診断情報、その他の機密データ(企業の財務情報や
知的財産情報など)が、企業の従業員や外部の第三者による乱用や過失の
対象となります。データマスキングは、このようなデータをユーザーから保護し、
機密データの悪用を防ぐことを目的としています。テクノロジーベンダーは、
一部のフィールドを似ている別の文字やマスキング文字(たとえば「x」)に置き
換えたり、データベース列内で名字を架空のデータに変えてシャッフルしたり
するなど、さまざまなデータマスキング法を提供しています。データマスキング
は、他にもdata obfuscation、data privacy、data sanitization、data
scrambling、data deidentification、data anonymization、data deauthentication
などの名称で呼ばれています」

データマスキングを行うことによって、企業はデータの悪用などに対するセキュリ
ティとプライバシー保護のレベルを高めることができると同時に、規制当局が求める
セキュリティおよびプライバシー保護要件へのコンプライアンスを実現できます。

Informatica Data Masking は、拡張性の高いハイパフォーマンスなデータマスキン
グソフトウェアで、開発、テスト、トレーニング、本番環境のすべてを通じて機密
データを不正なアクセスから静的・動的に保護します。Informatica Data Masking
によって、企業はデータプライバシー保護の規制や義務に遵守しながら、データ
プライバシー侵害のリスクを大幅に軽減できます。企業のIT部門は、個々の規制
やビジネスニーズに合わせて簡単にデータマスキングソリューションをカスタマイズ
でき、オフショア、アウトソース、クラウドベースのプロジェクトなどを実現しなが
ら、個人情報および機密情報を保護することが可能になります。

インフォマティカのILM担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ、
アダム・ウィルソン(Adam Wilson)は次のように述べています。「今回、ガート
ナー社初のデータマスキングテクノロジーのマジック・クアドラントにおいて当社が
リーダーとして位置付けられたことは、技術革新を実現し、卓越した製品をお客様
へ提供することに対する当社の確固とした取組みが評価された結果であると確信
しています。データセキュリティの分野において内部の脅威は新たな課題となって
いますが、データマスキングはあらゆる企業のリスク管理およびコンプライアンスの
プログラムにとって基盤となる要素です。当社がリーダーとして評価されたことは、
企業が幅広いデータプライバシーの課題に応え、データのセキュリティを確保し、
データへの投資から最大限の価値を引き出す(Return on Data)上で、当社の
Informatica Data Masking が先進的であるという事実が認められた証拠であると
言えるでしょう」

2012年3月、Informatica Dynamic Data Maskingは2012 Global Excellence Awards
において「Most Innovative Security (Software) Product of the Year」(最も
革新的なセキュリティ(ソフトウェア)製品年間最優秀賞)に選ばれました。また
2012年4月、インフォマティカは「Gartner Cool Vendors in Security: Application
and Data Protection 2012」レポートに紹介され、8月には「2012 Magic Quadrant
for Data Quality Tools」(2012年データ品質管理ツールマジック・クアドラント)
でリーダーとして評価され、10月には「2012 Magic Quadrant of Data Integration
Tools」(2012年データ統合ツールマジック・クアドラント)および「2012 Magic
Quadrant for Master Data Management of Customer Data Integration」(2012年
顧客データソリューションマスタデータ管理(MDM)マジック・クアドラント)
レポートにおいてもリーダーに評価されています。

マジック・クアドラントの免責条項
ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品または
サービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置
付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでは
ありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチのオピニオン
を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示
または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、
一切の保証を行うものではありません。

インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータインテグレーションソフト
ウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。インフォ
マティカのソリューションによって、世界中の企業がデータへの投資から最大限
の効果を手にし、最も重要なビジネスニーズを満たしています。現在、世界
5,000社を超える企業が企業内ならびにクラウドやソーシャルネットワーク等の
企業外に保有する既存の情報資産から最大限の価値を引き出し、活用すること
に成功しています。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン
株式会社(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト
リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。