logo

◎ObjectVideo、パナソニックシステムネットワークスとグローバルな特許ライセンス契約を締結

ObjectVideo 2013年01月18日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ObjectVideo、パナソニックシステムネットワークスとグローバルな特許ライセンス契約を締結

AsiaNet 51852

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

レストン(バージニア州)、2013年1月18日/PRニュースワイヤー/ -- ObjectVideo (リンク) は本日、東京(日本)に本社を置くパナソニックシステムネットワークス株式会社(Panasonic System Networks Co., Ltd.)と特許ライセンス契約を締結したことを発表した。パナソニックは、8社目のライセンシーとなる。ObjectVideoはパナソニックに対し、すべての知的所有権の世界的かつ非独占の有償ライセンスを供与した。それらには、映像操作、セグメンテーション、ビデオメタデータ、索引作業、検索、トリップワイヤー、次世代インテリジェント占有センサーに関係する特許が含まれる。

(ロゴ:  リンク )

「私達は、ビデオ監視部門で正確で使いやすい映像分析ソフトウェアのさらなる需要拡大を予想します。」ObjectVideo 会長のRaul Fernandez氏は述べた。「基礎技術の発明者として、我が社のパートナーにライセンスプログラムを通して知的所有権へのアクセスを提供でき嬉しく思います。」

2012年、ObjectVideoは、ボッシュ(Bosch)、Pelco シュナイダ‐エレクトリック(Pelco by Schneider Electric)、ソニー株式会社、Tyco Security Productsのアメリカンダイナミクス事業部およびビボテック(VIVOTEK)とグローバルな特許ライセンス契約を締結した。トップ10社の世界ビデオ監視カメラおよび装置メーカーのうち7社がObjectVideoのライセンシーである。

ObjectVideo, Inc. について

ObjectVideoは、世界各国の企業がセキュリティ向上、業務合理化、ビジネスインテリジェンス提供などのために活用しているインテリジェント動画ソフトウェアのイノベーションと業務実施で、世界をリードしている企業です。ObjectVideoの特許取得済み技術は、動画システム内のどこにでも効果的に展開でき、監視ソリューションの高価値コンポーネントとして、大手プロバイダを通じて市場に提供されています。ObjectVideoに関する最新のニュースは、 以下のサイト(www.objectvideo.com)をご覧ください。

メディア問合せ先:
ObjectVideo, Inc.
常務取締役
Edward Troha
+1 703 654 9322
pr@objectvideo.com

情報元:ObjectVideo

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。