logo

ヌーラボ、社内ネットワークにインストールできるCacooエンタープライズの販売を開始

コラボレーションをキーワードに「仕事をよりスムーズに成功へ導く、仕事の中に楽しさをつくる」プロダクトを追求するヌーラボは、この度、オンラインドローツールサービス『Cacoo(カクー)』の、プライベートネットワーク向けパッケージ製品『Cacooエンタープライズ』の販売を正式に開始いたしました。

報道関係社各位
プレスリリース
2013年1月17日
ヌーラボ
======================================================
ヌーラボ、社内ネットワークにインストールできるCacooエンタープライズの販売を開始

〜「より簡単に、より安全に」ワイヤーフレームやフローチャートなど様々な図の作成や共有を実現〜
リンク
======================================================

コラボレーションをキーワードに「仕事をよりスムーズに成功へ導く、仕事の中に楽しさをつくる」プロダクトを追求するヌーラボは、この度、オンラインドローツールサービス『Cacoo(カクー)』の、プライベートネットワーク向けパッケージ製品『Cacooエンタープライズ』の販売を正式に開始いたしました。

『Cacooエンタープライズ』により、伝わりやすい図を簡単に、複数人で同時に作成して共有できるというCacooの利便性はそのままに、企業内・組織内で閉じたプライベートネットワークでCacooを利用することができます。セキュリティの向上、情報漏洩リスクの低下やコンプライアンスの遵守を実現しつつ、メンバー間のコラボレーションを大きく促進します。

■Cacooエンタープライズのご活用例
1. Webサイト制作の協調ワークをスムーズに!
Webサイト制作のプロジェクトで、サイトマップやワイヤーフレームの共同作成や共有、制作したモックアップの修正指示などがスムーズに行えます。

2. アプリケーション開発ドキュメントの一元管理を簡単に!
アプリケーション開発プロジェクトで、UIレイアウトや遷移などの画面設計、シーケンスやデータベースなどのプログラム設計などの設計ドキュメントをCacooを利用して作成すると、開発ドキュメントの一元管理や共有が簡単に実現します。

3. ビジネスフローを円滑に!
社内の承認フローなどをフローチャートとしてCacooを使いドキュメント化して共有することで、ワークフローの伝達や可視化をストレス無く行えます。

4. 社内リソースのメンテナンス性を向上!
サーバーやネットワークの管理などで、随時更新が必要な資料でも簡単に更新できるので、社内リソースのメンテナンス性を向上できます。

5. 資料作成の効率化、品質向上を実現!
独自の図のテンプレートやステンシル(図に配置するパーツ)を作成して社内の全ユーザーに共有することができるので、図を使った資料作成の全社的な効率化、品質の向上も可能です。

■価格参考
10ユーザーライセンス 342,300円 より
※ライセンス数に応じて価格が異なります。
※ユーザーライセンスにはご購入から1年間のサポートライセンスを含みます。

Cacooエンタープライズについての詳細、お問い合わせや価格のご確認、トライアル版のお申し込みはこちらのページもご参照ください。
リンク

《Cacooについて》
Cacooは、Web上で様々な図を簡単に作成し、共有することができるドローツールです。2010年9月のサービス開始から、全世界70万を超えるユーザー(2013年1月時点)にご利用いただき、サイトマップやワイヤーフレーム、UML、ネットワーク図など多種多様な図が作られ、ユーザー同士のコラボレーションを支援しています。
Cacooについて、詳しくはこちらのツアーページもご参照ください。
リンク

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用ください
※記載されている会社名、製名、サイト名は各社の登録商標または商標です
――――――――――――――――――
【会社概要】
■会社名 株式会社ヌーラボ
■代表者 代表取締役 橋本正徳
■資本金 1,200万円
■設 立 2004年3月
■所在地 〒810-0801福岡市博多区中洲5-5-13 KDC福岡ビル7F
■TEL   092-273-2301
■FAX   092-273-2302
■URL   リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ヌーラボ
担当者名:縣(あがた)
TEL:092-273-2301
FAX:092-273-2302
Email:support@cacoo.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事