logo

センター試験、本番の注意点を先輩がアドバイス


-------------------------------
株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:福島 保)が提供する「進研ゼミ大学受験講座」は、大学受験を控えた高校生を支援する「合格応援プロジェクト」を実施しています。

この中で、進研ゼミで大学に合格した、現役大学生チューターによるブログを公開。大学入試センター試験を目前にした受験生のために、経験者ならではのリアルなアドバイスを発信しています。
( リンク )
-------------------------------

※「15万人以上」の数字は「進研ゼミ高校講座」・「進研ゼミ東大特講√T」・「進研ゼミ京大特講√K」受講経験者への進路調査(H21~H24年度入試)より。全国の国公私立大の現役合格者数の合計。※「現役」のみの合格実績を掲載。既卒生や進研模試のみの受験者は一切含みません。※受講期間3か月以上に相当する受講経験者で集計。※複数の大学、複数の学部・学科・日程・方式に合格している方については、複数の合格者数として集計。


進研ゼミ大学受験講座では、現役大学生チューターによるブログを公開しています。
( リンク )
受験勉強の方法から体調管理、試験当日の心構えまで、自分自身の経験を生かしたアドバイスを後輩に向けてつづった本ブログには、入試直前の受験生はもちろん、来年以降に受験を予定している高校生のみなさんにも役立つ内容が満載です。

センター試験の「リアル」を経験したからこそできるアドバイスの一部を紹介します。
※掲載にあたり、一部抜粋・改訂をしています。

★限られた試験時間内の戦いだからこそ…センター試験本番の注意点を紹介

<問題を解く順番にも自分のこだわりを!>
センターでは人によって点数を伸ばしやすい解く順番が異なります。
例えば僕は英語の場合、時間が無い状態で長文を読み進めていくことが苦手だったので、最後に載っている大問を最初に解くようにしていました。
今、受験勉強で過去問や予想問題集を解いている人がほとんどだと思いますが、その時に色んな順番の解き方を試して、自分に合うやり方を見つけて下さい。順番を変えるだけでも点は結構変わります。
(名古屋大・経済学部/くーねる先輩)

私なりのこだわりがあって 、漢文→古文→評論文→小説 の順に解いていました。
基本知識がきちんと身についていれば短時間でも確実に得点できる古典を先に解き、本文を読んでじっくり答えを探して解く現代文に時間を残しておきたいと思ったからです。
これはあくまで個人的なものなので、もしまだ自分なりの解き方が確立していない人はこの冬休み中に色々試してみると良いかもしれません。 試験本番に気分で解き方を変えるのはあまりオススメできません(´・ω・`)私の友達の中にもそれで失敗した子がいたので、みなさんには本番では「いつも通り」の自分でいつもの実力を出してほしいと思います。
(中央大・法学部/かえで先輩)

★友人のトラブルの経験談をふまえた注意点をつづってくれました。

<万全を尽くしても起こりうるトラブルのために…当日、絶対持っていきたいもの>
意外とみんなが用意していないのがこれ、交通費。会場までの交通費はもちろんだけど、もし道に迷ったり、何かあった場合のために余分にお金を持っていきましょう!私は念のため一万円を持っていきました。当日はきちんと余裕をもって会場に着くことができましたが、友人は(タクシーを臨時に使うことになり)友達とタクシー代を出し合ってなんとか間に合う・・・など大変だった人もいました(>_

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事