logo

「冬の北海道」節電・省エネ・社員の危険回避を目的に1カ月間オフィス閉鎖・全員テレワーク(在宅勤務)を実施

報道関係各位                            平成25年1月16日
プレスリリース                         株式会社ワイズスタッフ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「冬の北海道」節電・省エネ・社員の危険回避

   1カ月間オフィス閉鎖・全員テレワーク(在宅勤務)を実施
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社ワイズスタッフ(所在地:北海道北見市 代表取締役:田澤由利)は、
北海道の冬の節電・省エネ・社員の通勤時の危険回避を目的として、1月17日
(木)より1カ月間に渡り、北海道北見市にある北見オフィスを閉鎖し、勤務社
員全員のテレワーク(在宅勤務)を実施します。

昨年(平成24年)8月にも、北見オフィス、奈良オフィス、および、田澤由利が
代表取締役を兼務する(株)テレワークマネジメントの東京オフィスに勤務す
る社員全員のテレワークを1カ月間行い、全オフィスで32%の節電を実施しま
した。

▼昨年夏のプレスリリース
8月1カ月間「社員全員出社なし」。テレワークで32%の節電
リンク

今冬、北海道では、全国で唯一、政府から「7%以上」という数値目標のある
節電要請が出ております。

▼ほくでん(北海道電力株式会社)節電のお願い
リンク
2013年1月7日(月)~3月1日(金) 平日8時~21時

今回のオフィス閉鎖(1月17日から2月16日)は、上記期間に合わせて、以下の目
的で実施します。


(1)冬の節電の実施と、テレワークによる効果測定
北海道の今冬は記録的な低気温に見舞われており、事業所・家庭ともに、いっ
そうの節電が要請されています。この状況下で、この1カ月間のテレワーク完
全実施がどういう結果を生むのか、電力・灯油・ガソリンなどのエネルギー使
用量の変化を測定します。


(2)寒冷地勤務社員の自動車通勤に関わる危険回避
北海道の冬は、降雪と低気温により凍結路面となり、通勤時の車の運転には大
変危険を伴います。テレワークを実施することで、この危険が回避できるとと
もに、通勤時間の削減も実現できます。業務前後の疲労をなくし、時間に余裕
ができることで、作業効率の向上が見込めます。


(3)非常時に備えた危機管理対策
東日本大震災の経験により、非常時においても、社員全員がテレワークでの事
業継続ができる体制が重要だと考えます。今回の「北見オフィス全社員テレ
ワーク」は、非常時の事業継続計画(BCP)の確実な実施のための「予行演習」
としても位置づけており、広く社会に生かしていただくためのノウハウを蓄積
します。


(4)「北海道型テレワーク普及推進事業」へのデータ提供
北海道が実施している「北海道型テレワーク普及推進事業」において、テレ
ワークの効果を明確にするために、冬期間におけるテレワーク導入による節
電・省エネ効果の検証を実施します。今回の北見オフィスでのテレワークの測
定結果を該当事業に提供いたします。


≪参考≫テレワーク中のワイズスタッフの業務について

(株)ワイズスタッフは、日本各地および海外に在住するテレワーカー(在宅就
業者)約160名と業務委託契約をし、クラウド上で各種業務をチーム体制で実施
しております。北見オフィスおよび奈良オフィスでは、営業、総務、業務環境
の構築や、物理的業務(電話や送付物対応、ICT管理など)を担当しています。

各オフィスでは、業務に必要なすべての機能をクラウド化することで、社員が
どこにいても協力しあって、会社に出勤して作業するのと同様に業務を実施す
る体制を整えており、テレワークの実施により、業務効率が低下することはご
ざいません。

電話やメール対応、お打ち合せ等、すべての業務において、通常通りに営業い
たします。ただし、北見オフィスの担当者へのお電話のみ、折り返しをさせて
いただくことがあります。その点、なにとぞご理解とご協力をお願いいたしま
す。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワイズスタッフ リンク
北見オフィス
〒090-0058 北海道北見市高栄西町4-7-13
TEL:0157-61-5012 FAX:0157-61-5013
WEBからのお問い合わせ : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。