logo

LCC国内線の利用率はわずか2%未満。他方で利用者による今後の利用意向は8割以上と高く、利用者の約半数がリピーターと、反応は上々

- 「LCC」に関する調査 -

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)は、昨年12月の調査実施以前の半年以内に、首都圏と関西圏に在住する20~69歳の男女600人に、「LCC」に関する調査を実施いたしました。

■調査背景・目的
欧米では既に本格化しているLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)ですが、日本でも昨年2012年には『LCC元年』として注目され、浸透状況が広まりつつあります。
主に海外旅行の交通手段として注目が高まる中、国内の移動手段としては、時間やコスト、また他の交通機関を上回る満足度を得られるのか、消費者の心理はまだ不透明と言えます。
今回は、渡航先を「北(北海道)」と「南(沖縄)」に絞り、レガシーキャリア(従来型の航空会社やサービス)を含めた航空利用者の実態・意識を把握し、LCCの位置づけ及び評価のポイントを明らかにします。


■調査結果
・LCCの国内線における利用率は2%未満。認知度は上がってきているものの、利用に至るまでにはまだ遠い。
 国内LCCで最も知られているのは、「ピーチ・アビエーション」(62.9%)。

・LCC利用時に価格と比較し許容できるサービスは、「インターネットでの予約のみ」(84.5%)が最も高く、
  「機内エンターテインメントの有料化」が続く。

・LCC利用者による、今後の利用意向は8割以上。
 就航してほしい路線は、居住者が首都圏の場合は 「成田→函館」(24.1%)、
 関西圏の場合は「関空→函館」(37.7%)がトップ。

・LCCの国内線利用において、リピーターが半数を超える。

・LCC国内線(北海道・沖縄)利用目的のメインは「プライベートでの旅行」。
 また、LCC利用者は旅行への積極性がレガシーキャリア利用者より高い。

 ◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒ リンク


■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象  : 20~69歳の男女
          首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)、関西圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)
調査期間  : 2012年12月3日(月)~2012年12月5日(水)
有効回答数 : 本調査600サンプル(スクリーニング18,658サンプル)


---------------------------------------------------------------------------
【会社概要】
  会社名   :株式会社クロス・マーケティング リンク
          (東証マザーズ3629)
  所在地   :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
  設立    :2003年4月1日
  代表者   :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
  事業内容 :リサーチ事業、ITソリューション事業


◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:大島  TEL : 03-3549-0328  FAX : 03-3549-0232
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
---------------------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事