logo

SRA OSS, MS Office ファイルからテキストを抽出する libTextConv の V3 の販売を開始

SRA OSS, Inc. 日本支社 (東京都豊島区、取締役支社長: 石井 達夫、以下 SRA OSS) は、MS Office, OpenOffice.org, PDF などのファイルからテキスト抽出する「libTextConv」の新版、V3 の販売を開始いたしました。

libTextConv V3 では、新たな対応フォーマットとして、Microsoft Visio, Lotus1-2-3, Lotus Word Pro に対応しました。 また、アーカイブファイルライブラリ libreadarchive が rar ファイルに対応し、PHPインタフェースに libreadarchive の API を追加しました。

これにより、libTextConv は下記のファイルフォーマットに対応いたします。

<ファイル形式>            <拡張子>
Microsoft Office 97 ~ 2003 :.doc .xls .ppt
Microsoft Office 2007 / 2010 :.docx .xlsx .pptx(OpenXML)
OpenOffice.org 2.x / 3.x :.odt .ods .odp(OpenDocument)
OpenOffice.org 1.x :.sxw .sxc .sxi
PDF :.pdf
一太郎(Ver.8 以降) :.jtd
Microsoft Visio (2000以降) :.vsd
Lotus 1-2-3 :.123 .wj1 .wj2 .wj3 .wj4 .wk1 .wk2 .wk3 .wk4 .wks
Lotus Word Pro :.lwp
RTF(ワードパッド等) :.rtf
HTML :.html .htm
SGML :.sgml
XML :.xml
各種アーカイバ :.zip .tar .tar.gz .gz .lzh .rar .tar.bz2

提供形式は、コマンドラインツール、C 言語ライブラリ、PHP 拡張モジュールとなります。 対応プラットフォームは、Linux, Solaris, Windows です。

libTextconv は、製品や応用アプリケーションに組み込んで利用することを想定しています。 libTextConv の導入により、メールの添付ファイルの解析、ドキュメント管理システムの全文検索機能の提供、 BIG DATA 解析などの大量のデータ処理が必要な用途にも最適です。

2007 年の発売開始以降、株式会社トランスウエア様のメールアーカイブ製品である Active! Vault( → 導入事例詳細 )や 株式会社 SRA のメールアーカイブ製品である MailDepot などに組み込まれて利用されています。


【libTextConv 製品ページ】

libtextconv(テキストコンバータライブラリ):リンク


【SRA OSS について】

SRA OSS は、オープンソースソフトウェア (OSS) の普及と発展を目指し、 国内独立系 SI ベンダーである株式会社 SRA の 100% 子会社として設立されました。 本社を米国カリフォルニア州に構え、ワールドワイドな OSS ベンダーを目指しています。 日本では、OS、ミドルウェアを中心とした OSS のサポート、製品販売、コンサルティング、 トレーニングなどの事業を展開しています。


【本件に関する報道お問い合わせ先】

RA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 稲葉
Tel: 03-5979-2701
URL: リンク

※本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、 それぞれの所有者が商標権を保持しています。

このプレスリリースの付帯情報

libTextConv対応フォーマット

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事