logo

グリーンピーク社、GP690 ZigBee PROソリューションとオープン・スマートホーム・フレームワークを発表

GreenPeak Technologies 2013年01月07日 20時00分
From JCN Newswire

グリーンピーク・オープン・スマートホーム・フレームワークはZigBeeベースのスマートホーム・アプリケーションに調和したネットワーク・アーキテクチャです

Las Vegas - CES 2013, Jan 7, 2013 - ( JCN Newswire ) - 低消費電力無線通信半導体設計のリーディングカンパニーであるグリーンピーク・テクノロジーズ社は、本日GP690を発表しました。製品ポートフォリオにZigBee PROが加わり、同社の提唱するオープン・スマートホーム・フレームワークをフルサポートします。これにより、グリーンパワー、FR4CE、ZigBee PROとそれぞれ異なる三種のZigBeeネットワークを「第二の家庭内無線ネットワーク」として一つの調和したアーキテクチャに統合することが可能になります。

インターネット、映画やテレビなどのコンテンツ配信に使用される“第一”の家庭内無線ネットワークを構築するWi-Fiを補完し、ZigBeeは、センサー・コントロール機器(リモコン、照明と照明スイッチ、サーモスタット、防犯機器、健康管理、フィットネス機器など様々なデバイス)の無線ネットワークを構築します。

GP690 ZigBee PROソリューションは、三種類の異なるZigBeeネットワークを統合したアーキテクチャに束ねるオープン・スマートホーム・フレームワークの一部であり、低コストで実装できるZigBee無線デバイスをセットトップボックスあるいはゲートウェイに組み込むだけで、センサー・コントロール・ホームネットワークの制御や、ZigBeeネットワークをシームレスにインターネットに接続させることが可能になります。

オープン・スマートホーム・フレームワークの特徴:

1. ZigBee PRO、信頼性のあるセンサー・コントロールネットワークで、ホーム・オートメーションやライトリンクなどのアプリケーションをサポート

2. ZigBee RF4CE、 リモコンや入力デバイス(HID)など低コストで バッテリが長持ちする低消費電力、即答性が求められる低レンテイシデバイスをサポート

3. ZigBee グリーンパワー、バッテリ不要、あるいはバッテリが製品寿命以上に長持ちするメンテナンス不要なデバイスをサポート

今日多数の大手オペレータが、スマートホーム・サービス管理用にZigBeeを組み込んだ数百万個のセットトップボックスやゲートウェイを出荷開始あるい最終出荷準備中です。オープン・スマートホーム・フレームワークにセットトップボックスやゲートウェイを加えることによりZigBeeホームネットワークは、屋内Wi-Fiネットワークと外部インターネットの両方にシームレスにつながります。これにより、世界中のどこからでもホームコントロールネットワークへの安全なアクセスが可能になります。

グリーンピーク・テクノロジーズ社の創業者であり最高経営責任者のCees Links(ケース・リンクス)は次のように述べています。「約6億戸がインターネットに接続され、その各世帯では、パソコンやテレビ、スマートフォン、ゲーム機器など平均して5台の機器がWi-Fiでつながっています。Wi-Fiは高速データ通信のためのソリューションであり、家庭内に恐らく100個以上ある照明スイッチ、防犯機器、サーモスタット、リモコンなど多くのデバイスをインターネットに接続させるにはコスト効率あるいはバッテリ効率が良くありません。弊社の提唱するオープン・スマートホーム・フレームワークでは、それぞれ異なるZigBeeネットワークの違いを気にせず、家庭内のすべてのデバイスがインターネットにシームレスにつながる最良で最高に信頼性のある無線技術を利用することができます。」

ON World Inc. Director of ResearchのMareca Hatler氏は、次のように述べています。「スマートホーム構想がいよいよ現実味を帯びてきています。私たちの家は日々進化しよりスマートになっていきますが、多種多様なデバイスとアプリケーションをサポートするために低消費電力のネットワークが欠かせないものになってきます。グリーンピーク社が、今回明確に定義づけしたZigBeeとIEEE802.15.4標準規格に基づいたオープン・スマートホーム・フレームワークは、意義深い開発であり、オペレータの新しいスマートホーム・サービスの企画および提供に役立ち、消費者にはZigBeeホームネットワーキングの素晴らしさを理解しやすくしてくれるでしょう。」

グリーンピーク社は、スマートホームにおけるデータ通信とインターネットの統合に適した半導体製品とそれをサポートするソフトウェア技術を豊富に持ち、ZigBeeマーケットセグメントでリーダー企業の一つです。同社のGP410は、シングルチップでZigBee グリーンパワーソリューションを、同GP5xxシリーズ製品は、ZigBee RF4CEをサポートします。そして新たにGP690がZigBee PROアプリケーションへのコネクティビティを加えました。

すべてが緊密に連動するようグリーンピーク社は、セットトップボックス、ゲートウェイ用に業界初となるシングルチップ、デュアルスタックサポートの GP710をリリースしています。GP710は、複数のプロトコルスタックをサポートし、ZigBee PRO、RF4CEやグリーンパワー機器との同時通信を可能にします。

上記詳しい情報については、2013年8日から11日まで米国ラスベガスで開催される International CES South Hall 1のZigBeeパビリオン(ブース#20612)内グリーンピークブースにお越し頂くか、同社セールスにアポイントメントのお問い合わせ下さい。

上記プレスリリースに記載されているRF4CEは、ZigBee RF4CE標準規格、グリーンパワーは、ZigBee PROグリーンパワー機能を意味しています。ZigBeeは、ZigBee Allianceの登録商標です。

本プレスリリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

ZigBee: Control your world

ZigBeeは、幅広く様々な機器が互いに知的に連携し、あなたの周りの機器をコントロールすることを手助けするグリーンで世界標準規格の無線です。ZigBee Allianceは、その参加企業数が約400社のオープンな非営利団体で、手軽に使用できる革新的かつ信頼性のあるZigBee標準規格の開発を行っています。また、個人、商業、および工業用として使用できるセンサー・コントロールの標準規格で他をリードする無線のネットワークであるZigBeeの採用を世界的に推進しています。詳しくは、こちらを参照ください: www.zigbee.org リンク

グリーンピーク・テクノロジーズ社について

グリーンピーク・テクノロジーズ社は、ファブレスの半導体設計会社で、スマートホーム・アプリケーション用途のZigBeeソリューションを提供するリーディング カンパニーです。 同社は、非上場会社でオランダのユトレヒトに本社を置き、ベルギー、米国、日本、韓国にオフィスがあります。昨年2012年には家電やスマートホーム向けアプリケーションで、新しい無線技術開発のリーダーとして、また企業の急成長と主要顧客の獲得が認められ、権威ある「Red Herring Top 100 Europe 2012 award」を受賞しました。詳しくは弊社ホームページを参照ください: www.greenpeak.com リンク

お客様問い合わせ先
グリーンピーク・テクノロジーズ
古野 敬典 ディレクタ、ビジネス・ディベロップメント
yoshi.furuno@greenpeak.com
Tel (03) 3490-2110

Press Contact GreenPeak
Elly Schietse
elly.schietse@greenpeak.com
Tel +32 52 45 87 30
Cell +32 479 76 18 25

概要:GreenPeak Technologies

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。