logo

放射線測定器で世界をリードするベラルーシ共和国のPolimaster社、日本法人の「Polimaster Pacific株式会社」を設立

Polimaster社 2012年12月19日 17時00分
From JCN Newswire

日本市場向けに高精度、コンパクトで使いやすい食品放射線測定器の新製品「PM1406」を投入

Tokyo, Dec 19, 2012 - ( JCN Newswire ) - 放射線測定器で世界をリードするPolimaster社(ポリマスター社、本社:ベラルーシ共和国ミンスク、代表取締役リュドミラ・アントナウスカヤ)は、9月に日本法人のPolimaster Pacific株式会社(尾崎正明ジェネラルマネージャ)を設立したが、このほど本社事務所を移転拡充し日本市場での本格的なビジネス活動を開始した。同社の日本進出は、ベラルーシ共和国の民間企業としては初となる。また、高精度でコンパクト、低価格かつ使いやすい放射線測定器の新製品「PM1406」の販売開始も発表した。

実績ある放射測定機器の知識

Polimaster社の関係者は、会社創設以前のソビエト連邦時代から放射線測定器の開発に関して多くの知識と経験を持っていた。Polimaster社の創設者であるアレクサンダー・アントノフスキーと彼の仲間たちは、ソビエト連邦時代の放射線測定器関係の中核研究機関であるミンスク開発研究所で航空宇宙産業や軍用の測定機器の開発に携わるエンジニアとして研究開発に従事していた。

チェルノブイリ原子力発電所の事故後にアントノフスキーらは、小型で簡便な個人線量計を開発した。その個人線量計は人気を博し累積で500万個以上がソ連邦の多くの工場で生産され、使われた。この製品がPolimaster社の最初の成功であり、同社を創設するきっかけとなった。社名はロシア語の二つの単語“ポリ”「多くの」、“マスター”「卓越した技術的才能を持った技術者」に由来する。

Polimaster社の製品のほとんどは放射線測定器としては世界最高水準の製品で、他社の製品にはない多くの特徴を持っている。例を挙げると、世界でただ一つの腕時計型個人線量計、世界で初めてのガンマ線・中性子線測定の複合ポータブル測定器、高感度の固定型ガンマ線・中性子線測定器など、Polimaster社の技術陣によって開発された機器は世界でも最先端の製品である。

世界の主要機関が認証

世界中のこれらの機器類を使用している専門機関でもその能力が実証されていると同時に、アメリカ(ロスアラモス)、欧州(IAEA:国際原子力機構WTO、Interpol:国際警察機構)、ロシア(ロシア連邦原子力エネルギーセンターなど)の様々な測定・認証機関でテスト、認証されていることでも高い信頼性が実証されている。

また、Polimaster社の製品が使われているのは、各国の税関、軍隊、国境警備隊、警察、消防隊など多岐に渡っており、厳しい環境下でも、操作性が容易で、必要な測定を確実に行うことの出来ると顧客からの信頼も高い。Polimaster社の計測機器は、開発から製造、販売までの一貫体制のもと、世界中の50以上の販売代理店で販売されており、綿密なアフターセールスサービス、メンテナンス業務も提供している。

日本法人を設立

現在、Polimaster社はアメリカ、オーストリア、リトアニア、ベラルーシにグループ会社を持っているが、9月に日本法人Polimaster Pacific株式会社を設立し日本市場への進出を果たしたが、11月には事務所を移転拡充し日本での放射線測定器ビジネスを本格的に開始した。

Polimaster Pacific株式会社
所在地:
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-14 第32荒井ビル(九段南センター)
電話: 03-6272-4280
FAX: 03-6272-4290
Email: pacific@polimaster.jp

Polimaster社は、グループ会社やパートナー企業との経常的な最先端技術および機器の開発で、世界でも最も進んだ放射線測定機器の開発・製造会社として知られている。Polimaster社グループのオーナーであり、代表取締役であるリュドミラ・アントナウスカヤは、「Polimaster社とそのグループの世界中の様々な地域、国で働いている社員の共通の到達すべき使命は、この小さな地球を放射能と放射線の脅威から守ることです」と常に語っている。

食品向け放射線測定器「PM1406」

日本市場向けの戦略商品として食品や飲料水向けの放射線測定器の新製品「PM1406」(写真)の販売も開始した。PM1406は、高精度、コンパクト、低価格で使いやすい放射線測定器で価格は本体と鉛容器のセットで36万円(税込)となっている。

主な特徴は以下の通りで、(1)高い信頼性:CsI超高感度シンチレーション検出器、(2)小型コンパクト:厚さ2cmの鉛容器と本体の合計で20kg以下、(3)経済性:本体30万円、鉛容器6万円の低価格を実現、(4)使いやすさを追求:パソコンにUSBケーブルで接続、電源供給、わかりやすいソフトウェアを標準装備-など。学校、医療機関、研究機関、自治体のみならず、中小規模食品生産輸出者、一般家庭、NPO、NGOなど幅広いユーザーの購入を見込んでいる。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
株式会社 井之上パブリックリレーションズ
Polimaster Pacific広報担当
鈴木/横田
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34 新宿御苑前アネックス2F
TEL: 03-5269-2301
FAX: 03-5269-2305
Email: press-as1@inoue-pr.com

概要:Polimaster社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。