logo

ホテル椿山荘東京 庭園一望のバスルームを新設

藤田観光株式会社 2012年12月05日 17時46分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(本社:東京、代表取締役社長:末澤 和政)は、2013年1月1日(火)のホテル椿山荘東京誕生に伴い、既存の客室を改装し、庭園を一望できる「ビューバス」を設置した客室や長期滞在型の客室を新設し、販売を開始いたします。
「ビューバススイート」「ビューバススーペリア」の2室は、ホテル椿山荘東京の有する約2万坪の庭園を一望できる窓側にバスルームを設置し、四季折々の景色を愛でながらゆったりとお風呂に浸かるという、ここでしか味わうことのできない贅沢な時間をお楽しみいただけます。また長期滞在型の客室は、機能性を重視し、大型のウォークインクローゼットをはじめキッチン、冷蔵庫、洗濯乾燥機を装備いたします。
今後も、更にホテルの魅力を高めるため、数カ月を掛けお客様よりご意見を伺い、今後の客室改装に反映させる予定です。

■モックアップルーム概要

■ビューバススイート(93平方メートル)
新しく生まれ変わるホテルの象徴的な客室。庭園の木々をイメージし、
落ち着きとラグジュアリー感のある華やかな雰囲気で、ウォークイン
クローゼット内にはドレッシングコーナーも併設いたします。
室料:150,000円(税金・サービス料・東京都宿泊税別)

■ビューバススーペリア(45平方メートル)
窓の外に広がる木々と一体化するような、ナチュラルで心地良い雰囲気。
窓側に配した明るいバスルームからは三重塔をはじめ庭園を一望できます。
室料:50,000円(税金・サービス料・東京都宿泊税別)

■長期滞在型(83平方メートル)
ロングステイのお客様にも快適にお過ごしいただけるよう機能性も重視し、大型のウォークインクローゼットをはじめキッチン、冷蔵庫、洗濯乾燥機を装備。また、客室の窓からはいつでも庭園の新鮮な外気を取り込むことができます。
室料:120,000円(税金・サービス料・東京都宿泊税別)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事