logo

オリックス・レンテック、『Avaya Flare(R) Experience Cloud Service』12月10日より提供開始


オリックス・レンテック株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:岡本 雅之)は、日本アバイア株式会社(本社:東京都港区、社長:ロバート・スチーブンソン)と2012年3月に締結したサービスプロバイダー契約に基づき、米アバイア・インクが開発したコラボレーション・ソリューション「Avaya Flare(R) Experience」をクラウド形式でご提供する新サービス「Avaya Flare(R) Experience Cloud Service」を、12月10日より開始しますのでお知らせします。

「Avaya Flare(R) Experience Cloud Service」は、iPadやPC上で、通話、電話会議、ビデオ会議、資料共有、インスタントメッセージなど複数の機能を統合的に利用することが可能なクラウド型のモバイル・コラボレーション・サービスです。既に一部の企業が導入している“会議室型のテレビ会議”のように事前予約をする必要がなく、オフィス以外の場所から直感的な操作で容易にビデオ会議を開始できることが特長です。さらに、セキュリティ、高い音声品質、高画質のビデオを具備したことにより、従来のWeb会議やテレビ会議の主な用途である社内コミュニケーションの効率化に加え、お客さまに接する場面でのコラボレーションも可能です。
価格は、初期費用0円、1ユーザーあたり月額7,000円(税別)で、お客さまはサーバーなどのITインフラを自社で所有・運用することなく、サービスをスピーディに導入・利用することが可能となります。さらに、2週間の無料トライアル期間をご用意しますので、サービスを実際にお試しいただいた上で導入していただくことが可能です。

2010年のiPad発売以降、タブレット端末の法人向け出荷台数は急増しており、2010年の15万台から2016年には140万台に達すると予測されています(※1)。このような状況の中、企業におけるビデオ会議のパーソナル化が進むと予測されています(※2)。
こうした市場背景のもと、オリックス・レンテックは、2012年6月に開始した、タブレット端末の導入から運用までビジネスシーンでの活用をトータルに支援するサービス「TabRen(タブレン)」を通じ、タブレット端末やWiFiルーターのレンタルと「Avaya Flare(R) Experience Cloud Service」を組み合わせたプランをご用意し、トライアルでの利用ニーズに対応するとともに、タブレット端末の導入や導入後の活用においてもお客さまをサポートしていきます。

オリックス・レンテックは、今後も、レンタル事業で培った技術力および資産の運用ノウハウを生かし、規模や業種にかかわらず、幅広い企業を対象としたソリューションをご提供することで、企業における業務効率向上と意思決定の迅速化を支援してまいります。

(※1) 出典:インプレスR&D「タブレット端末利用動向調査報告書2012」 
(※2) 出典: IDC Japan, 2012年5月 「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 2011年の分析と2012年~2016年の予測」(J12380103)
 *Avaya、Avaya FlareおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
 *iPadはApple Inc.の登録商標です。
 *TabRenのWebサイト:リンク

======================================================
【本リリースに関するお問い合わせ先】
オリックス株式会社 グループ広報部 渋谷・石井
TEL:03-5419-5102

【クラウドサービスに関するお問い合わせ先】
オリックス・レンテック株式会社 キャリア事業部 磯部・御木
TEL:03-3473-7526
======================================================

※オリックス・レンテック株式会社は、オリックス株式会社の100%グループ会社です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。