logo

【ゲームに関する実態・意識調査】 『ゲームの目利きはゲーム機コアユーザー!?』 好きなゲームはRPGがダントツ人気

株式会社ゲイン 2012年12月04日 15時00分
From DreamNews

< 要 約 >
 ■「スマホゲーム」の週1以上のプレイ率は約3割。毎日は約2割。毎日のプレイ率では「携帯ゲーム機」を超える結果となった。10代、20代男性のプレイ頻度が高い。
■一方で、1ヶ月間でのプレイ率をみると、在宅時にプレイするとみられる「据え置きゲーム機」、「携帯ゲーム機」が半数を超え、他ゲームを大きく上回る。
■1日のゲーム時間は「1時間未満」が4割。「1~2時間未満」が約3割。男女ともに10代、20代のプレイ時間が他年代に比べ長い。
■ゲームをプレイする目的について、ゲーム機ユーザーはモバイル端末ゲームユーザーに比べ、ゲームの作品自体を長く楽しむ傾向あり。これに対し、モバイル端末ゲームユーザーは、カードコレクション、ランキング競争、コミュニケーションを楽しむといった志向がやや高い。
■据え置きゲーム機、携帯ゲーム機、タブレット端末ゲームユーザーの3割~4割が1ヶ月に4000円以上ゲームソフトにお金をかけている。さらに据え置きゲーム機、タブレット端末で毎日プレイするユーザーの約2割が月に1万円以上ソフトにお金を使っている。消費のコア層は、20代を中心とした10代~30代男性。
 ■ゲームソフト購入重視点全体トップ3は、「ゲームシステムの面白さ(戦闘・アクション等)」、「シナリオの良さ」、「好きなシリーズかどうか」。10代、20代女性は、ストーリー性やキャラクター、デザインを重視する傾向あり。10代、20代男性は、女性よりもメーカーに対するロイヤリティ(忠誠心)が高い様子がうかがえる。
■好きなゲームジャンル1位は「RPG」。圧倒的人気で6割を超えトップとなった。特に男性に人気で支持率は7割にのぼる。続く2位は「アクション」42.9%、3位は「アクションRPG」で32.0%。
■ソフトに関わらず「新作はいち早く手に入れる」という新作ゲーム機早期採用者の割合は約1割。「ほしいソフトがあればほぼ必ず手に入れる」が約3割。10代、20代男性の早期採用の割合は2割を超える。


【日本ゲームユーザー協会(JGUA)】 [*1](リンク)とアンケートサイト【Qzoo】(リンク)を運営する株式会社ゲイン(東京都港区、代表・岡田隆太朗、以下ゲイン)は、2012年12月3日のJGUA設立に伴い、ゲームユーザーを対象に「ゲームユーザー実態・意識調査」を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。
*1 Japan Game User Association 略称JGUA (東京都港区、会長:平井善之 アメリカザリガニ)


< 調 査 概 要 >

調査方法 :インターネットリサーチ
調査対象 :ゲームで遊ぶ10代~40代男女 (ゲームで遊ばない人を除く対象)
調査時期 :2012年11月19日~2012年11月26日
回答者数 : 7,910名
▽ 集計対象 構成
  [性別] 男性 3,984名  女性3,926名
[年代] 10代 293名 20代 1,727名 30代 3,197名 40代 2,693名
調査時期 :2012年11月19日~2012年11月26日



1.  1ヶ月のゲームソフト購入金額

据え置きゲーム機、携帯ゲーム機、タブレット端末ゲームユーザーの
3割~4割が1ヶ月に4000円以上ゲームソフトを買っている。
消費のコア層は、20代を中心とした10代~30代男性。

全体でみると、「2000未満」が圧倒的に多く6割を超える結果となりました。
1ヶ月に1回以上プレイするユーザー別にみると、据え置きゲーム機、携帯ゲーム機、タブレット端末ゲームユーザーのソフト購入金額が他層に比べ高く、「4000円以上」で3割~4割となっています。特にタブレット端末ユーザーの購入金額が「1万円以上」で1割を超えています。
据え置きゲーム機、タブレット端末ユーザーで毎日プレイするユーザーの約2割が月に1万円以上ソフトにお金を使っているということがわかりました。
性・年代別では、男性20代を中心に10代~30代でソフトが買われている様子がうかがえます。


■あなたは毎月ゲームソフトの購入にどのくらいの金額を費やしていますか。
1年間を通した1ヶ月平均の金額をお知らせください。[単一回答]
※ ダウンロード販売を含めてお答えください。ソフト以外のダウンロードコンテンツ、
※ オンラインゲーム、ソーシャルゲームの課金は含みません。



2. ゲームソフト購入時に重視するポイント

ゲームソフト購入重視点全体トップ3は、「ゲームシステムの面白さ(戦闘・アクション等)」
「シナリオの良さ」、「好きなシリーズかどうか」。

ゲームソフト購入重視点全体トップ3は、「ゲームシステムの面白さ(戦闘・アクション等)」60.3%、「シナリオの良さ」54.1%、「好きなシリーズかどうか」47.8%となりました。
ゲーム頻度が高い(よく遊ぶ)層では、「シナリオの良さ」、「キャラクターの外見」を重視する特徴がみられます。
性・年代別では、特に10代、20代女性は「シナリオの良さ」や「キャラクターの外見」等への反応が高く、ストーリーやキャラクター、デザインをより重視する傾向がみられます。
これに対する10代、20代男性の特徴としては、 「好きなメーカーが出している」への反応が高いことであり、同年代の女性に比べ、メーカーに愛着を持つ(ロイヤリティが高い)様子がうかがえます。
また、ゲーム機ユーザーのプレイ頻度別にみると、据え置きゲーム、携帯ゲーム、タブレット端末ゲームユーザーの中でも高頻度 (毎日)ユーザーで、多くの項目への反応が高く、ゲームソフトに対し見る目が厳しい様子がうかがえます。


■あなたが、ゲームソフトを購入する際、どのようなことを重視しますか。
あてはまるものをすべてお選びください。[複数回答]
※ダウンロード販売を含んでお答えください。


3. 好きなゲームジャンルランキング

「RPG」が圧倒的人気で6割を超えトップ。
特に男性に人気で支持率は7割にのぼる。

全体でみると、1位は「RPG」62.6%。2位は「アクション」42.9%。この2ジャンルが3位以下を大きく上回る結果となりました。
男女を比較すると、男性の方がより多くのジャンルを好きなことがわかります。 男女共通で、「RPG」、「アクション」、「アクションRPG」は上位を占める結果となりました。 男性は「シミュレーションRPG」や「スポーツゲーム」をより好み、女性は「音楽ゲーム」を好むという特徴がみられます。
ゲーム頻度や、ゲーム機ユーザー別で、ランキングに目立った差はみられませんでした。


■あなたが好きなゲームジャンルをすべてお知らせください。[複数回答]


-------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しい結果レポートは、下記URLからご覧いただけます。
URL:リンク
 
※ データを転載・引用する場合は、データを転載・引用する場合は、日本ゲームユーザー協会(JGUA )とQzoo(キューズー)が共同実施した調査であることを明記して下さい。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

◆◆お知らせ◆◆
今後、JGUAでは、ゲームの目利きユーザーやライトからコアユーザーそれぞれがオススメする「期待の新作ランキング」や「満足した新作ゲームランキング」を毎週配信していく予定です。
ランキング結果は、Qzooゲーム専用のアンケートモニターが回答した結果を統計的に処理し、作成していきます。

◆◆協会概要(日本ゲームユーザー協会(JGUA))◆◆
事務局所在地:東京都港区六本木3-1-26 株式会社insprout内
会長:平井 善之
設立:2012年12月
ホームページ:リンク
Twitter:リンク

◆◆会社概要(株式会社ゲイン)◆◆
本社所在地:東京都港区芝公園1-3-8 苔香園ビル6F
代表取締役社長:岡田隆太朗
設立:1991年4月 
資本金:10,440万円
事業内容:インターネットマーケティングリサーチ
ホームページ:リンク
運営サイト:アンケートサイト【Qzoo】(キューズー) リンク
ランキングサイト【ランキンペンギン(RANKING★PENGUIN)】 リンク

◆◆本件に関するお問い合わせ◆◆
広報担当:野澤(のざわ)/歌川(うたがわ)
E-mail:press@gain-www.com
TEL:03-5776-2821 FAX:03-5776-2822



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。