logo

株式会社ロックオン、リスティング広告とSEOクエリの統合分析を可能にする新機能「検索クエリ・アドバイス」をSEOエビスに搭載!“ついに対決!「SEO vs リスティング」キャンペーン“を実施。

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、2012年12月17日に、国内No.1(※1)広告効果測定ツール アドエビスシリーズ『SEOエビス』に新機能「検索クエリ・アドバイス」を搭載することを発表します。
新機能、「検索クエリ・アドバイス」機能では、これまでばらばらに分析していた、SEOとリスティング広告のキーワードを統合的に分析することが可能となります。また、当機能を活用して取得するデータを元に、SEOとリスティング広告の運用を、どのように改善してゆけばよいかをご提案する、「SEO vs リスティング」キャンペーン申込を2012年12月4日より受付開始しました。
詳しくはこちら⇒ リンク

(※1)株式会社シード・プランニング「広告効果測定ツール市場調査」による
■「SEO vs リスティング」キャンペーン実施の背景
 「SEO対策」と「リスティング広告」はWebサイトの集客に欠かすことができません。しかし、どちらが効果的に成果を出すことができるのか見極めるのは非常に困難です。なぜなら、業種業態によって、さまざまなタイプのサイトが存在するため、一般論が通用しないケースもあるからです。
そこで、SEOとリスティング広告の”検索クエリ”を比較分析し、改善アクションに繋げる、「SEO vs リスティング」キャンペーンを実施いたします。本キャンペーンでは、新機能「検索クエリ・アドバイス」を実際にご活用いただき、計測結果を基に、どのように運用面での改善アクションに繋げていくかをご提案いたします。

■「検索クエリ・アドバイス」機能概要
 『SEOエビス』の新機能「検索クエリ・アドバイス」は、SEO対策とリスティング広告の効果を統合的に分析し、検索クエリごとに効果を測ることができます。さらに、リスティング広告の改善内容ごとにキーワードを抽出することができます。具体的には、施策単体では難しかった改善(以下)が可能になります。

【改善例】
・自然流入が多い検索クエリで、リスティング広告を出稿することで「リーチを拡大」
・自然流入の検索クエリを、完全一致でリスティング広告へ出稿することで「コストを削減」
※その他、多様な改善提案が可能になります。

■「SEO vs リスティング」キャンペーン概要
『SEOエビス』の新機能を活用して、統合的な検索クエリ分析のご提案をいたします。ご興味をお持ちの方は、アドエビス公式サイトのお問い合わせフォームもしくはお電話にてお問い合わせください。

キャンペーン内容
アドエビス+SEOエビスの両方をお申込みいただいた方限定で、以下3つの特典を提供します。
【特典1】 導入後の「SEO vs リスティング」クエリ活用についてのセミナー・ご訪問での個別相談会
【特典2】 統合的な検索クエリ分析の虎の巻
【特典3】 12月分(12月20日まで)のSEOエビスの利用料が無料!
※お申込み日から設定可能!計測開始日は12月17日から

キャンペーン対象
・アドエビスのご契約をいただいており、SEOエビス未契約のお客様
・アドエビス未契約のお客様

キャンペーン期間
2012年12月4日(火)~12月28(金)18:00まで

SEOエビス価格
20,000円~(従量課金)
※詳しくは料金表(リンク)をご覧ください。

キャンペーンお申し込み・お問い合わせ先
アドエビス公式サイトのお問い合わせフォームもしくはお電話にて
リンク
TEL: 03-3289-5054
※既にSEOエビスをご利用中のアカウントは対象となりません。
※ご契約はアドエビス同様、毎月20日締め・最低利用期間3カ月間となります。
※金額は税別記載


■ 関連サイトURL
広告効果測定システム「アドエビス」:リンク
「検索クエリ・アドバイス」機能紹介ページ:
リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名 :株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
代表者 :岩田進(いわたすすむ)
設立 :2001年6月4日
URL :リンク
事業内容:Eコマース関連ソフトウェアの企画・開発・販売
インターネット広告関連ソフトウェアの企画・開発・販売

■本件に関するお問い合せ先
株式会社ロックオン 担当:又座(またざ)
E-mail :support@ebis.ne.jp
TEL :06-4795-7500




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事