logo

ハローワーク特区の若者向け施設の愛称が決定しました

佐賀県 2012年11月28日 12時09分
From Digital PR Platform


 佐賀県と厚生労働省では、10月1日から、県と国が連携・協力して住民サービスの向上を図る「ハローワーク特区」事業に取り組み、若い方々の就労支援を重点事項と位置付けています。
その一環として、「ジョブカフェSAGA」、「ヤングハローワークSAGA」、「さが若者サポートステーション」を若い方が親しみを持って利用していただけるよう、三つの施設を総称する愛称を下記のとおり決定しました。

                               記


1.愛称 「ユメタネ」
 愛称を募集し、326(ナカムラミツル)氏が審査を行い、応募いただいた愛称や愛称に込めた思いなどを参考に、326氏が提案された「ユメタネ」を愛称として決定しました。

2.愛称の説明(326氏のコメント)
 「夢の種。好きな事を仕事にする、それってきっと夢を叶えるって事。
 それを探す事やみつける為に努力する事は恥ずかしいワケない
 そんな夢の種を一緒に探し、育ててくれる場所に
 ここがなって欲しいと願いつけさせてもらいました。」

3.応募状況
   募集期間:平成24年10月12日(金曜日)~平成24年11月9日(金曜日)
   応募点数:166点(応募者73名)

4.優秀賞
 応募いただいた中から次の3点を優秀作品としました。
 これらを提案いただいた3名の皆様には、副賞として県産品を贈呈します。
    「はたらこ。」、「はぴかむわーく」、「わかもの夢わーく」

5.PRグッズの作成
 決定した愛称「ユメタネ」の施設PRのため、326(ナカムラミツル)氏の協力のもと、「夢へのパスポート」(ポストカード)を作成しました。
 今後、大学、短大など、就職活動中の若者が集まる場所に配置していきます。  

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事