logo

仏アルデバラン社のヒューマノイド・ロボットNAO、その活躍の場を中等教育分野に拡大

ヒューマノイド・ロボットの世界的リーダーであるアルデバラン・ロボティクス社は、2010年、大学向けにその最初のヒューマノイド・ロボット“NAO(ナオ)”を教育現場に導入するための教育パートナーシップ・プログラムを立ち上げました。 このNAOによって、同社の学術パートナーは世界で500の大台を超えました。
NAOがこうして高等教育の現場で世界的に知名度の高いプラットフォームとなった今、アルデバラン・ロボティックスは中等教育の要望に応えた教育ソリューションを提供します。

直観的なプログラミング環境を持つNAOは、生徒に情報工学の初歩を教えるだけでなく、抽象的な概念の説明、数学の定理や物理・電子の原理の解説、またメカニックを教えることにも応用することができます。NAOで科学の実験や分析といった体験をすることは、12歳から18歳の生徒たちのモチベーション・アップの原動力となるでしょう。

この12月、科学技術分野の活性化と同社の教育ソリューションをさらに良い形で教育現場に導入するために、アルデバラン・ロボティクス社は、新製品“NAO Ankle(足首) Kit”用の中等教育向けコンテンツを提供します。“NAO Ankle Kit”は、中等教育も視野に入れて開発されたNAOの足首部分のサブセットです。世界中で最も利用されているヒューマノイド・ロボットの一部で、機械や電気がどのように作用しているか理解を深めることができます。このターンキーソリューションは、各教育課程にあったコンテンツを教師に提供します。

今日、世界の200以上の中等教育機関で、科学とエンジニアリング学習の促進にNAOが活用されています。

NAOとは:アルデバラン・ロボティクス社が開発したインタラクティブで、完全にプログラミング可能な、絶え間なく進化するヒューマノイド・ロボットです。数多くのセンサーやモーター、使いやすい大きさ、愛らしい容姿、高性能なソフトウェアなどにより、人工知能やマンマシン・インタラクション(MMI)といったロボット工学から心理学まで、さまざまな分野の研究のために、NAOはその高い性能を発揮します。

世界で初めてNAOを採用したのは東京大学 / 大学院・情報システム工学研究科で、30台が導入されました。修士課程の学生によるチームのひとつは、複数のNAO同士がコミュニケートし、複雑さの異なる様々な仕事を成し遂げるために協力することのできるようなシステムを開発しました。
(研究の内容を語った映像:リンク

ロボット研究から心理学、社会科学、そしてエンジニア教育まで、NAOは日本でその真価を発揮しています。

アルデバラン社の創業者であるブルーノ・メゾニエCEO曰く、「学校にNAOがいることで、学生達はイノベーションの具体的な応用に対面することができます。ヒューマノイド・ロボットはもっとも前衛的な科学技術を連合させた最先端テクノロジーの集大成なのです。」

アルデバラン・ロボティクス(ALDEBARAN Robotics)社について
2005年7月にブルーノ・メゾニエ(Bruno Maisonnier)が設立、フランス、米国、中国に構えるアルデバラン・ロボティクス社は、人間のゆとりに貢献するためのヒューマノイド・ロボットを設計、製造、販売しています。今日、その最初のロボットであるNAOは、世界約70カ国の研究所や大学で研究や教育のために3000体以上が活躍しています。社内チームは230名を数え、その40%がエンジニア及び博士で、ロボット開発及び製造に携わっています。さらに詳しい情報はインターネットサイト(リンク)をご覧下さい。

このプレスリリースの付帯情報

NAO

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。