logo

ドットコモディティ、「大証NYダウ先物」「日経平均VI先物」の取扱いを開始へ

ドットコモディティ株式会社 2012年11月28日 11時00分
From JCN Newswire

同時に、日経225先物、同ミニの手数料を大幅値下げ

Tokyo, Nov 28, 2012 - ( JCN Newswire ) - ドットコモディティ株式会社(東京都渋谷区恵比寿1-21-8、代表取締役社長 舟田仁)は、2012年12月3日(月)より、金融商品仲介業において、大阪証券取引所に上場している「大証NYダウ先物(※1)」と「日経平均VI 先物(※2)」の取扱いを開始いたします。また、既に取扱いを開始している「日経225 先物」および「日経225 先物ミニ」の手数料を大幅に値下げいたします。

当社は2012 年4 月に金融商品仲介業者として株価指数先物・オプション取引の提供を開始し、まず初めに「日経225 先物取引」、「日経225 ミニ取引」および「日経225 オプション取引」の取扱いを開始いたしました。そして、このたび、国内では取扱いの少ない「大証NY ダウ先物取引」、「日経平均VI 先物取引」を新たに追加することによって、個人投資家の皆さまにより多くの投資機会をご提供できるようになります。あわせて、既存の「日経225 先物取引」の委託手数料を1 枚あたり472 円から315 円に(33.2%の値下げ)、「日経225 ミニ取引」を52円から42円に(19.2%の値下げ)に改定いたします。

これらの新料金は、業界内で最安値水準となります。

今回の取扱商品の追加と委託手数料の改定により、株価指数先物・オプション取引に関心の高い個人投資家の皆さまの更なる投資機会の拡大を支援いたします。

■大証NY ダウ先物取引、日経平均VI 先物取引概要

取扱銘柄: 大証NY ダウ先物(売建・買建の全限月)/日経平均VI 先物(売建・買建の全限月)
取引手数料: 210円(税込)/315円(税込)
取引単位: NY ダウ×100倍/日経平均VI×10,000倍
呼値の単位: 1 ポイント(1 ティックの金額は100円)/0.05 ポイント(1ティックの金額は500円)
取引時間: 日中立会 午前9時~午後3時15分/日中立会 午前9時~午後3時15分
ナイト・セッション 午後4時30分~翌午前3時/※ナイト・セッションはありません。
取引最終日: 各限月の第3金曜日に終了する取引日/各限月の翌月の第2 金曜日の30 日前となる日の前営業日に終了する取引日
証拠金: SPAN(R)による計算。日経225 先物取引等と一部リスク相殺有り。/SPAN(R)による計算。他商品とのリスク相殺無し。
委託証拠金:
SPAN(R)証拠金×1.0+先物両建証拠金-ネットオプション価値の総額
先物両建て証拠金=(先物両建て数量-先物のネットデルタの絶対値)×0.5×先物1 枚あたりのSPAN(R)証拠金額×1.0
建玉総数量の上限: 売建、買建、それぞれ100枚/売建、買建、それぞれ100枚

■日経225 先物、日経225 先物ミニの新手数料(2012 年12 月3 日約定分より適用予定)

銘柄: 新手数料/現行手数料
日経225 先物: 315円(税込)/472円(税込)
日経225 先物ミニ: 42円(税込)/52円(税込)

(※1)大証NY ダウ先物について
- CME Group Index Services LLC(以下「CME Indexes」という。)が選定した米国を代表する企業30 銘柄を対象とする修正株価平均方式の株価指数であって、CME Indexes が算出するダウ・ジョーンズ工業株平均株価(DowJones Industrial AverageSM)を対象とした先物取引です。
- 大証 NY ダウ先物取引は,NY ダウの数値をそのまま円建てで取引できるため、為替レートの変動を意識せずに取引できます。
- 1 枚あたりの証拠金は31,900円(2012年11月26日~11月30日適用)と、少額から取引を行うことができます。(※同期間の日経225 ミニの1 枚あたりの証拠金は30,000 円。)

(※2)日経平均VI 先物について
- 株式会社日本経済新聞社が算出・公表する日経平均ボラティリティ・インデックス(日経平均VI)を対象とする先物取引です。日経平均VI は将来の日経平均の変動の大きさを推定した指数で、大阪証券取引所で取引されている日経225 オプションの価格等を利用し、日経平均株価が将来1 ヶ月でどのくらい変動するかを推定し算出されます。
- 価格は通常は20~30 ポイント程度のレンジ内で上下動して推移しますが、日経平均株価が大きく下落する場合、日経平均株価とは逆に急激に上昇するといった特性があります。

<手数料及びリスク情報について>
ドットコモディティで取扱っている商品(株価指数先物・オプション取引、商品先物取引、海外商品先物取引、商品CFD 取引)は、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額のお取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。相場の変動により、追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。各商品への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクの詳細等は商品毎に異なりますので、詳細につきましては、当社WEB サイトの当該商品等のページ及び契約締結前交付書面等をご確認ください。お取引に際しましては契約締結前交付書面等をお読みになり、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い致します。

<金融商品取引法・商品先物取引法に係る表示>
社名: ドットコモディティ株式会社 URL リンク
金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第594 号
商品先物取引業者 農林水産省令22 総合第1351 号/経済産業省平成22・12・22 商第6 号
所在地: 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
資本金: 18億9,999万円
設立: 2004年12月1日
加入協会: 日本商品先物取引協会
指定紛争解決機関: 日本商品先物取引協会相談センター
※金融商品仲介業に係る紛争等に関しては、「特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター 」となります。
事業内容:
(1)商品先物取引法に基づく、商品デリバティブ取引およびそれに付随する業務
(2)金融商品取引法に基づく、金融商品仲介業務およびそれに付随する業務
(3)システム提供サービス及び上記①②に付随するサービス提供業務

※提携(所属)金融商品取引業者について
フィリップ証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第127 号
商品先物取引業者 経済産業省平成24・04・16 商第7 号/農林水産省指令24 食産第725 号
加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

<本リリースに関するお問い合わせ先>
ドットコモディティ株式会社
広報担当: 五十嵐
TEL 03-5447-3022

概要:ドットコモディティ株式会社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。