logo

オートデスク、世界初のクラウド型統合3D CADを発表

【米国ネバダ州ラスベガス:2012年11月27日(現地時間)発】

米国オートデスク社は本日、世界初のクラウド型統合3D CAD「Autodesk(R) Fusion 360(オートデスク フュージョン 360)」を当社ユーザ向けイベント「Autodesk University 2012」で発表しました。

Autodesk Fusion 360は、比較的小規模な工業デザイン/機械設計の事業者向けに開発された操作性の高いクラウド型3D CADで、クラウド サービスを介して他の設計者と協業したり、モバイル端末からクラウド上に格納したデータにアクセスして設計作業を行うこともできます。さらに、他社製CADで作成された設計データを取り込んで修正することもできます。

Autodesk Fusion 360は、当社が2011年から製造・建築・土木などの業界向けにデータ管理やコラボレーション機能、レンダリング機能などを提供しているクラウドサービス「Autodesk 360」をプラットフォームにして提供されます。Autodesk 360のプラットフォームではこれまで、製造業向けにプロダクト ライフサイクル マネジメント(PLM)ソリューション「Autodesk PLM 360」(日本未発売)、シミュレーション機能を提供する「Autodesk Simulation 360」を提供してきましたが、Autodesk Fusion 360はこれらに続く新製品です。

● クラウド上で3Dの工業デザイン/機械設計を実現
工業デザインや機械設計に必要な機能に加えて、コラボレーション機能を備えています。また、クラウドを介してシミュレーション、データ管理、レンダリングなどの高度な機能を利用できます。

● 操作性の高い最新ユーザ エクスペリエンス
グラフィカルでシンプルな表示をコマンドボタンに採用するなどして、直観的に操作できるようにユーザインターフェイスを工夫しました。また、操作ガイドをインターフェイスに表示する機能を備えていますので、ユーザの習熟度や好みによってその構成を変更して使い勝手を向上させることができます。

● サービスの提供開始予定時期
利用期間に応じた料金設定で2013年に発売する予定です。利用企業にとっては、事業規模の大きさにかかわらず、ソフトウェアのライセンス購入にかかる初期負担を低減することができるだけでなく、設計プロジェクトの増減に柔軟に対応できるソリューションです。

*Autodesk Fusion 360は英語版でのみ提供する予定です。日本での発売時期は検討中です。

以上


オートデスク株式会社概要
本 社:     東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長: ルイス・グレスパン
設 立:    1985年4月1日
資 本 金:    1億円
ホームページ:   リンク

Autodesk,Inc.会社概要
Autodesk, Inc. (NASDAQ: ADSK) は、3Dデザイン ソフトウェアを提供する世界的な企業です。製造、建築、土木、メディア&エンターテインメント産業を中心に、多岐にわたる顧客がアイデアの具現化や視覚化、シミュレーションにAutodeskのソフトウェアを使用しています。顕著な例として、アカデミー賞(R) 視覚効果賞の受賞者にオートデスクの顧客が17年連続で選ばれています。1982年のAutoCAD(R)の発表以来、世界の市場を対象に業界先進のデザイン ソフトウェアの開発に取り組んでいます。


◆報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク 広報 池田
Email: kazuomi.ikeda@autodesk.com
Tel: 080-8848-5833


AutodeskならびにAutoCADは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。アカデミー賞(Academy Award)は、米映画芸術科学アカデミー(the Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
(C) 2012 Autodesk, Inc. All rights reserved.

このプレスリリースの付帯情報

設計作業中のイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事