logo

接客業や医療垂直市場の分散アンテナの収益は2017年に50億ドルに迫る - スモールセルとWi-Fiとともに成長するDAS収益

米国の市場調査会社、マルチメディアリサーチグループ社は出版レポート「分散アンテナシステム:モジュラー、多機能性、効率 - Distributed Antenna Systems (DAS): Modular, Versatile, and Effective」のプレスリリースにおいて、DASは、マクロ基地局よりも容易に獲得できて検討しやすい、という大きな利点がある屋外の設置が進むだろうとの調査結果を発表しました。

【プレスリリース内容】
20年以上にわたってビデオとメディアの市場を調査してきた米国調査会社マルチメディアリサーチグループ社が、調査レポート「分散アンテナシステム:モジュラー、多機能性、効率 - Distributed Antenna Systems (DAS): Modular, Versatile, and Effective」を刊行した。


DASは、携帯電話会社にとって屋内と屋外のセルラー拡大のための重要なオプションである。DASは、分散するアンテナを同軸ケーブルや光ファイバーケーブルによる遠隔接続ユニットによって空間的に接続する統合ネットワークである。DASプラットフォームは、複数のキャリアや複数の周波数チャネルを同時にサポートできる。


しかし、DASの将来は、Wi-Fiやスモールセルの脅威にさらされるとみている人も多い。マルチメディアリサーチグループ社のアナリストChris Kissel氏は、「DASは多くの垂直市場で有効なソリューションであるが、高価な手法である。そのため、Wi-Fiやスモールセルが価格条件を満たす場合もあるだろう。しかし、常にどちらかの選択肢しかないという場合ばかりではないだろう。短期的には、スモールセルは、DASのサポートする複数の周波数とWi-Fiの範囲制限の取り扱いによって混乱するだろう。正しい状況においては、DASはWi-Fiやスモールセルと共働することができ、最高のソリューションを提供することができる」と説明している。


10の垂直市場と6の地域を対象とするこの調査レポートは、下記についても報告している。

• 大きなビジネスチャンスの見込まれるスタジアムや医療や接客業などのDASの普及率が約100%という垂直市場もある

•2012年まではDASの普及率は北米の事業者が主導するだろうとMRGは見ているが、中米・ラテンアメリカ、アジア太平洋地域、中東・アフリカの方が北米よりも急速に成長するかもしれない

• マルチメディアリサーチグループ社は、予測期間中には、マクロ基地局よりも容易に獲得できて検討しやすいという大きな利点がある屋外のDASの設置が進むだろうと考えている


DASだけが屋内の技術というわけではないため、この調査レポートは、DAS、Wi-Fi、スモールセルの適切な利用場面を論議している。10の垂直市場と6つの主要地域のDASの新規導入数を予測し、世界のDAS市場で最も有力なインテグレータ、機器メーカ、オペレータの概要を記載している。


【調査レポート】
Distributed Antenna Systems (DAS)
Modular, Versatile, and Effective
分散アンテナシステム:モジュラー、多機能性、効率
リンク

◆米国市場調査会社 マルチメディアリサーチグループ社について
リンク

株式会社データリソースはマルチメディアリサーチグループ社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

◆メールマガジンバックナンバー
リンク

日本販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事