logo

アイレップ、ディスプレイ広告領域のコンサルティングサービス体制強化を目的に 「アドインテグレーション部門」を設立

~より高い専門性をもった戦略的なコンサルティング提供で、企業のデジタルマーケティングを支援~

株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、ディスプレイ広告領域のコンサルティングサービス体制強化を目的に、「アドインテグレーション部門」を新設いたしました。本部門の設立により、第三者配信※1やDSPの活用をはじめとした、ディスプレイ広告領域の高い専門性の保持と、リッチメディアをはじめとした、最新のクリエイティブ手法を活用したシナリオ設計など、より高度かつ戦略的なコンサルティングサービスの体制強化を実現し、デジタルマーケティングエージェンシーとしての進化を、より加速します。
※1 第三者配信…メディアごとに異なる入稿方法やレポートフォーマット、広告配信を一つのプラットフォームで管理する仕組み。

■部門設立の背景

近年、デジタルマーケティングには、さまざまなアドテクノロジーやメディアが登場し、中でも第三者配信やDSPをはじめとした、ディスプレイ広告領域におけるテクノロジーの進化は著しく、企業の取り組みも活発化しています。企業におけるディスプレイ広告領域の取り組みが増加するにつれ、広告の効果分析、検索を活用したデジタルマーケティング施策との融合や相互影響の分析、リッチメディアをはじめとした最新のクリエイティブ手法を活用したシナリオ設計、目的に合った適切なツールの選定など、より高い専門性と、高度な運用を伴う戦略的なコンサルティングサービスへのニーズが高まっています。このたびの部門設立は、広告主のニーズに、より高いレベルでお応えするためのコンサルティングサービスの体制強化を目的としています。

■アドインテグレーション部門の概要

本部門は、アイレップが検索を中心としたデジタルマーケティングのコンサルティングを通じて培ってきた、きめ細かな分析や運用のノウハウを集結し、第三者配信を活用した出稿戦略の立案やディスプレイ広告の運用スキームの構築を支援することをミッションとしております。現在、アイレップでは第三者配信に関するあらゆるニーズへお応えできるサービス体制を有しており、ディスプレイ広告においても、ビュースルー効果※2をKPIに取り入れた配信設計やダイナミッククリエイティブ配信、大量バナー生成ツールなどを併用した配信設計など、お客様が抱える様々な課題やご要望にお応えし、より高度な施策展開に対応することが可能です。
※2 ビュースルー効果…バナー表示後クリック以外の方法でWebサイトへアクセスした場合の効果を測る。

アイレップは、今後も企業のデジタルマーケティングを支援するサービス、体制をより強化してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事