logo

県立博物館テーマ展示「きものと美人画」を開催します

佐賀県 2012年11月22日 09時56分
From Digital PR Platform


「きもの(和服)」は、日本の民族衣装として世界中で広く知られていますが、現在知られている「きもの」とほぼ同じ形になったのは、安土桃山時代といわれています。
 「きもの」の原型となったのは、袖口が小さい「小袖」と呼ばれるもので、元々は下着だったものが形や文様を変え、表着(うわぎ)として着られるようになりました。それまでは、時代によって様々な衣装があり、現在知られている形の「きもの」として完成し、一般に広く広がったのは江戸時代半ばになってからです。
 戦前までは、日常的に「きもの」を着ている人は多かったようですが、現在では、特別な場合を除き、普段着として着る人や機会は少なくなりました。しかしながら、「きもの」は今でも多くの人に愛され、また、「きもの」や「きものを身に纏(まと)った女性」は、今も昔も絵画を始め、様々な作品の中にモチーフとして登場します。
 今回は、「きもの」を纏った女性を描いた美人画を始め、美しい文様が描かれた「きもの」や古伊万里人形などを展示します。

                     記

1 期間
平成24年11月28日(水曜日)~平成25年1月20日(日曜日)

2 休館日
毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)及び年末(12月29日(土曜日)~31日(月曜日))
※ ただし、12月24日(月曜日)、1月14日(月曜日)は開館となります。

3 開館時間
9時30分~18時

4 会場
佐賀県立博物館 3号展示室 

5 観覧料
無料


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。