logo

LINE、スマートフォンアバターコミュニティーサービス「LINE Play」をプレオープン

LINEの友人と可愛く装飾したアバターでコミュニケーション、12月以降に正式オープン予定

NHN Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮、以下 NHN Japan)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』(リンク)の連携サービス「LINE Play」(iOS・Android対応/無料)をプレオープンいたしましたのでお知らせいたします。

「LINE Play」は、ユーザーが作成したキャラクター(アバター)やマイルームを装飾してコミュニケーションを楽しむことができるスマートフォンアバターコミュニティーサービスです。

アバターは、自分の顔をカメラで撮影して自分そっくりのアバターを自動作成できるだけでなく、目・鼻・口など任意のパーツを組み合わせて好みのアバターを作成できます。作成したアバターは、「LINE Play」内での「トーク」にて、アバターに様々な動作をさせることができる「アクションスタンプ」を使って友だちと1:1のチャットを楽しんだり、「ラウンジ」で音楽・ゲーム・テレビ・スポーツなど共通の興味関心を持つユーザー同士でグループチャットを楽しんだりすることができます。

さらに、マイルームに設置している「ショップ」では、2,000種類以上のファッション・インテリアアイテムを販売。マイルームや友だちのルームで食事・入浴・睡眠・水やりなどのアクションを通じて貯めることができる仮想通貨「ジェム」を利用して購入することができます。オーソドックスな定番アイテムに加え、クリスマスやお正月など季節にあわせた限定アイテムや、LINEで人気のキャラクター(ムーン・ジェームズ・ブラウン・コニー)をモチーフとしたアイテムを毎週200点以上追加・更新していきます。

このほか、安心・安全にサービスをご利用いただけるよう、友人関係以外のユーザーによるマイルームへの訪問や、アバター検索の可否設定など、詳細に設定できるプライバシー管理機能を搭載。また、「ラウンジ」内でのLINE ID交換や公序良俗に反する発言を自動排除したり、サービス内の有人パトロールを24時間体制で実施したりなど、健全なサービス運営の維持と青少年保護の取り組みを積極的に行ってまいります。

なお、本サービスはユーザーにいち早く体験していただくためのプレオープンとなり、まずは日本国内のみで展開いたします。12月以降に予定している正式オープン時には、LINEの基本スタンプや、気軽に遊べるミニゲームを追加するなど、ユーザーの利用状況に合わせて機能追加を行っていく予定です。

LINEでは、今後も連携サービスを拡充することにより、ユーザー同士のコミュニケーション活性化を図ってまいります。

■LINE Playの主な特徴・機能
簡単・手軽にアバターの作成が可能
自分の顔をカメラで撮影して自分そっくりのアバターを自動作成できるだけでなく、目・鼻・口など任意のパーツを組み合わせて好みのアバターを作成できます。

「アクションスタンプ」で表情豊かなコミュニケーションが可能
ジャンプしたり、手を振ったり、アバターに様々な動作をさせることができる18種類の「アクションスタンプ」を使用して、1:1のチャットを楽しむことができます。今後、LINEの基本スタンプにも対応する予定です。

お気に入りのファッション・インテリアアイテムで、自分だけのコーディネートが楽しめる
「ショップ」では、約2,000種類以上のファッション・インテリアアイテムや、LINEで人気のキャラクター(ムーン・ジェームズ・ブラウン・コニー)の人形・帽子などのアイテムを販売。ユーザーは「LINE Play」内の仮想通貨「ジェム」を利用して購入することができます。「ジェム」は、マイルームや友だちのルームで食事・入浴・睡眠・掃除・水やりなどのアクションを通じて貯めることができます。

サービス名 :LINE Play(ライン プレイ)
利用料   :無料(一部アイテムは有料販売)
対応環境 :iPhone4、iOS 4.3以上/Android OS 2.2以上
ダウンロード :
iPhone リンク
Android リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。