logo

ウイングアークとブレインパッドが ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業

~両社でセールスフォース・ドットコムが提供するHerokuプラットフォーム上の キャンペーンアプリケーションへのマーケティングソリューションの共同開発で合意~

1stホールディングスグループのウイングアーク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下ウイングアーク)と、企業のさまざまなデータを利用した解析・データマイニングへの豊富なナレッジを持つ株式会社ブレインパッド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:草野隆史、以下ブレインパッド)は、社内外に存在する大量データを収集し可視化するBusiness Intelligence(以下、BI)分野と、高度な分析や予測を行うBusiness Analytics (以下、BA)分野において協業することで合意しました。

■販売代理店契約を締結し、企業の情報活用を強力に支援
両社は、本協業において、販売代理店契約を締結し、ブレインパッドのマーケティング分析システムの提案におけるBI製品としてウイングアークの「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」および「MotionBoard(モーションボード)」を販売します。さらに、ブレインパッドが誇る分析アナリストとBI製品の活用ノウハウで実績があるウイングアークのBIコンサルタントの連携で、導入支援を実施し、企業の情報活用を強力に支援していきます。

■BAとBI、さらにSNSを含む企業内、企業外データのビジネス活用への取り組み
ビッグデータ時代においては、BAとBI、さらにSNSを含むテキストデータなど企業内、企業外のさまざまなデータをいかにビジネスに活用していくかが重要です。この度の協業およびSNS分析ベンダーとの提携により、今後、具体的なソリューションを推進していきます。この取り組みの中で、「MotionBoard」は全ての情報のフロントエンドとして、企業内のさまざまな基幹系のデータベースやDWH(データウェアハウス)、個人や部門単位で保有しているCSVやMSOfficeのデータなどの統合的なコックピットとなり、情報活用によるビジネス価値創造を支援していきます。

■Herokuおよびセールスフォース・ドットコムのCRM/SFAデータと連動するマーケティングソリューションを共同開発
クラウド、モバイル、ソーシャルをはじめとするさまざまなテクノロジーの発展とともに、企業が利用できるデータは多様化し、その数は膨大になっています。一方で、縦割りの企業構造から、社内でもデータが散在し、分断され、十分な活用ができていません。
このような課題に対して、1stホールディングスグループと株式会社セールスフォース・ドットコム社 (以下、セールスフォース・ドットコム)の資本・業務提携を活かし、急速に普及するクラウドプラットフォームHeroku上で展開されるキャンペーンなどのマーケティング・アプリケーションと連携して、その中のデータを難しい統計知識を持つことなく、自動的に分析、シミュレーション(予測)を行い、さらにセールスフォース・ドットコムのCRM/SFAデータと連動するマーケティングソリューションをブレインパッドと共同開発し、セールスフォース・ドットコムを含めた3社で実証実験を実施する予定です。
今回の共同開発および実証実験により、セールスフォース・ドットコムおよびHerokuのプラットフォーム上で、マーケティングからセールスまで一貫したデータの生成、管理を行い、多様なキャンペーンの効果測定・分析、売上予測に基づくリード管理、営業活動の集中化、マーケティング活動の集中化を行うなど、全社横断的に売上効果を最大化するためのマーケティングソリューションの実現を目指します。

株式会社セールスフォース・ドットコム 専務執行役員 アライアンス&サービス統括本部長 保科 実様よりご賛同文をいただいています。

「1stホールディングス様との資本・業務提携における協業領域の拡大として、弊社クラウドプラットフォーム「Heroku」を活用した先進的な取り組みを、ブレインパッド様と実施されることを歓迎いたします。今回の取り組みにおいて、Heroku上のアプリケーションに対するデータ活用・解析ソリューションを展開することは、Heroku上でのアプリケーション開発・運用が促進されると考えます。お客さまにとっては、キャンペーンアプリケーションとSalesforceのCRMを融合することにより、より確度の高いマーケティングキャンペーンの実施や売上効果の最大化が見込まれることを信じています。」


<MotionBoardとは> リンク
ダイナミックなチャート表現により、企業システム内に蓄積された膨大な情報を可視化する情報活用ダッシュボードです。リアルタイムにデータを反映するとともに、モバイル端末に対応することにより時間と場所の制限を低減し、データに基づく的確でタイムリーな意思決定をサポートします。

<Dr.Sum EAとは> リンク
さまざまな企業システム内に蓄積された膨大な情報を統合、高速かつ柔軟に多次元集計分析するBI・データ活用ソリューションです。国内では3,430社、6,670サーバー(2012年2月現在)の導入実績があり、日本国内BIツール市場でシェアNo.1を獲得しています。(出所:株式会社富士キメラ総研 「ソフトウェアビジネス新市場2012年版」出荷数量ベース)

<Herokuについて>
セールスフォース・ドットコム子会社の1社であるHeroku社は、サーバーやソフトウェアなどを購入する必要なしに、世界数十万の開発者が200万を超えるアプリケーションを完全なクラウド環境で構築・実行する環境を提供しています。一般的に使用されているほとんどの言語のサポート、エンタープライズレベルのデータベースサービス、最も革新的な開発ツールを含むアドオンのエコシステムを背景に、Heroku社はスタートアップ企業、IT部門、行政機関など幅広い層に、アプリケーションをより迅速かつ効果的に構築し展開する手段を提供しています。 その他の詳細はWebサイトリンクをご覧ください。


[ウイングアークについて] リンク
本社所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F
代表取締役社長 内野 弘幸
設立 2009年11月
※2009 年11月2日、ウイングアーク株式会社は、持株会社体制に移行しました。
資本金 1億円
事業内容 ウイングアークは、1stホールディングスグループにおけるソフトウェア事業の販売主幹企業として、企業の情報活用を実現する、帳票開発ソフト「SVF」、BIソフトウェアの「Dr.Sum EA」「MotionBoard」の販売、導入支援、保守サービスを提供しています。

[ブレインパッドについて]  リンク
所在地 東京都品川区東五反田5-2-5 KN五反田ビル
代表 代表取締役社長 草野 隆史
設立 2004年3月
資本金 3億2,661万円(2012年9月30日現在)
事業内容 顧客企業のさまざまなデータを利用して成長・革新を支援するビジネスパートナーとして、アナリティクス事業、ASP関連事業、ソリューション事業を展開しています。
「Big data, Big innovation ~次のイノベーションは、ビッグデータから~」をビジョンとし、金融・小売・メーカー・サービスをはじめとする幅広い業種の企業データ活用を強力に支援しています。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク株式会社  
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー14F
BIコンサルティング部  担当:米丸・木村
TEL:03-5962-7303

株式会社ブレインパッド
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-2-5 KN五反田ビル
プロダクトサービス部 プロダクトマーケティングチーム
TEL:03-5791-4219 e-mail:info@brainpad.co.jp


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
1stホールディングス株式会社 兼 ウイングアーク株式会社 広報担当 山本・高橋
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:pr@wingarc.co.jp

株式会社ブレインパッド 経営企画室コーポレートコミュニケーションチーム 広報担当
TEL:03-5791-4210 e-mail:pr@brainpad.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。