logo

ヘイズ、「ヘイズ グローバルスキルインデックス2012」を発表

Hays PLC 2012年11月20日 17時10分
From JCN Newswire

失業率は依然として高いものの、慢性的スキル不足が浮き彫りに

Tokyo, Nov 20, 2012 - ( JCN Newswire ) - グローバルな人材サービスを提供するヘイズ・グループでは、このたび、経済予測の専門企業であるオックスフォード・エコノミクスの協力のもと、「ヘイズ グローバルスキルインデックス2012」を発表しました。この報告書では世界の27の地域における人材市場の動向とプロフェッショナルスキルを持つ人材の供給に関して、独自の視点と洞察に基づく指標を提供しています。本報告書によると、現在、世界の多くの市場では、失業者がますます増加する一方で、市場の柔軟性の欠如、優秀な人材を巡る賃金の高騰、人材教育やトレーニングの欠乏により、重要な専門職で高度な技能を持った人材の慢性的な不足が続いています。

本報告書では優秀な人材をめぐって各国が直面している制約や摩擦について0~10のスコア基準を設けています。スコアは教育水準、市場の柔軟性、優秀な人材の賃金引き上げ要求などを含む7つのカテゴリーの分析によって算出されています。

5.0以上のスコアをつけた市場では、企業が求める重要なスキルを確保するのが困難な状況が生じ、市場の影響を大きく受けていることを示しています。その一方5.0以下のスコアをつけた市場は動きが鈍く、優秀な人材の雇用に関して特段大きな制約を受けていないことを示唆しています。スコアは総合的な数値ではありますが、その内訳となる7つのカテゴリーについては市場によって大幅なばらつきがあり、各国が抱える状況や個別の課題を浮き彫りにしています。

一例をあげると、世界経済が停滞しているにもかかわらず、27カ国中16カ国の人材市場にある程度の圧迫がみられており、このため賃金インフレが進み、多くの重要なポストを埋めることができず、それが経済成長の足かせとなっています。この影響が最も顕著なのがドイツと米国で、失業率が高い水準にあるにもかかわらず、深刻なスキル不足が生じています。一方ユーロ圏のほとんどの国はその対極にあり、市場の動きは鈍く、イタリアやベルギーなどの国では高度な専門スキルを持つ人材の雇用に関しての摩擦や制約は最低水準に留まっています。

こうしたスキルの需要と供給の不均衡の解消に取り組むため、ヘイズは報告書の中で、政策決定者が長期的に取り組むべき3つの行動計画を提案しています。まず第一に、各国政府は自国経済で不足しているスキルに焦点をあて、移民の受け入れによって人材確保を図る適切な対策を講じるべきでしょう。そのためには労働ビザに関する従来の協定の見直しが求められることが考えられます。次に、人材教育やトレーニングの提供を拡大させるため企業にインセンティブを提供することを提案しています。最後に、政府は企業や教育機関と連携して、若い世代が国内および海外で通用するスキルを身につけられるよう、様々な施策、援助を提供するべきでしょう。

ヘイズ・グループCEO、アリスター・コックスは次のように述べています。「本報告書は、世界の人材市場が抱える大きな矛盾を浮き彫りにしています。多くの国が慢性的に失業問題を抱える一方、企業はスキルを持った人材を確保するのに苦戦を強いられています。皮肉なことに、世界経済を活性化させ、その結果失業者へ雇用機会を創出できる、優れた人材が不足しているのです。適材適所の人材を発掘することは企業の変革を可能にすると同時に人々の生活の改善にもつながります。これはヘイズの基本的な信念です。本報告書および提案により、政府や関係機関が今後さらなる議論を続け、スキル不均衡解消へ向けた積極的な取り組みを行うことが期待されます。こうした問題の解決には時間がかかりますが、解決への取り組みを止めてはいけません。ヘイズの提言はさらなる雇用の創出と経済成長の促進に有効であり、これによって最終的に何百万人規模の雇用が実現する可能性があります」。

「ヘイズ グローバルスキルインデックス2012」(英語)の詳細はこちらでご覧下さい。 www.hays-index.com/ リンク

ヘイズ・グループについて

ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界33の国と地域*、245の拠点において、およそ7,800人の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「IT」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

* 日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ

本件に関するお問い合わせ先:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉
03-3560-2813

概要:Hays PLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事