logo

新日鉄住金の高耐食性めっき鋼板「スーパーダイマ」がJIS規格適合商品に

新日鐵住金株式会社 2012年11月20日 17時06分
From Digital PR Platform


経済産業省は、2012年11月20日、日本工業規格として「溶融亜鉛-アルミニウム-マグネシウム合金めっき鋼板及び鋼帯 G3323」を公示しました。
新日鐵住金株式会社(以下、当社)が開発した環境対応型商品(エコプロダクツ)である高耐食性めっき鋼板「スーパーダイマ」は、G3323に適合する商品です。

スーパーダイマは、表面に亜鉛を主成分に、約11%のアルミニウム、約3%のマグネシウム、微量のシリコンからなる合金めっきを施し、従来商品(溶融亜鉛めっき鋼板)と比較して優れた耐食性を保有する高耐食性めっき鋼板です。2000年に販売を開始し、後めっき・後塗装代替やステンレス・アルミ代替として、これまでにプレハブ向けの住宅資材、各種フォーミング製品、防音壁等の土木建築用途を中心に、電機・自動車向け用途も含めて幅広く使用されてきました。
特に近年では、化成処理をクロメートフリーとしたスーパーダイマが、太陽光発電設備用架台向けに採用が拡大しており、既に電力会社向けメガソーラー(大規模太陽光発電設備)での採用事例は約55メガワット(MW)分に達しています。

こうした、後めっき省略、めっき付着量低減、高寿命、等の高耐食性めっき鋼板の使用ニーズが高まりつつある現状を踏まえ、JISの新規制定に向け準備を行い、この度公示に至りました。

当社は、他素材からの代替を含めた薄手軽量化・クロメートフリー化を通じて、市場ニーズと環境負荷低減に貢献していきます。JIS公示により、公共工事に関連する部材向けへのスーパーダイマご使用など、お客様の利便性が向上し、市場拡大が一層進展することを期待しています。

※「スーパーダイマ」および「エコプロダクツ」は、当社の登録商標です。


(お問い合わせ先)広報センター TEL:03-6867-2135

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。