logo

フィリピンの小売大手MCI社が「SAS(R) Visual Analytics」を採用


米国ニューヨーク州ニューヨーク「Strata + Hadoop World」発
ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下: SAS)は、フィリピン最大規模のコングロマリットSM Retail Groupの傘下であるSM Marketing Convergence Inc.(以下、MCI)が、ビッグデータを極めて高速に分析、可視化するインメモリ・アナリティクス製品「SAS(R) Visual Analytics」を採用したと発表しました。

MCIは、ポイントカード・プログラム「SM Advantage」を運営しており、現在、8億件以上のトランザクション記録を保存しています。同社では、こうしたデータに膨大な洞察が埋もれていることを理解し、ビッグデータに対応できる強力なビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアの導入を模索していました。MCIは今後、SAS Visual Analyticsにより、新規会員の獲得、顧客の離反率の低減、アップセル/クロスセルの向上を実現できるとともに、既存会員、非会員含め1,000万人の顧客をより深く理解できるようになります。

MCIのプレジデント 兼 最高経営責任者であるBaldwin C. Golangco氏は、「長年にわたるSASの献身的なサポートを、常に高く評価しています。SASは、当社のニーズをくみ取り、それに応えるためにSAS Visual Analyticsに代表される最新の分析テクノロジーをいち早く開発・投入するための努力を続けています」と述べています。

MCIでは、大量のトランザクションデータを日次で処理しているため、同社の顧客は自らの最新の累積ポイントを正確に把握することができます。MCIのデータストアでは、フィリピンのあらゆる小売業での顧客の支出について、極めて豊富なマーケットデータ・ソースが管理されています。そして、ポイント会員の購入履歴だけでなく、SKU(最小在庫管理単位)別の詳細情報など、大型スーパーや食料品スーパーにおける、すべての顧客トランザクションを収集しています。担当チームは現在、カードの更新に関するマーケティング施策や販促活動への反応測定で、こうしたデータを社内的に活用しています。

MCIの従来型のシステム環境では、限られた範囲の分析や、基本的なレポートの作成に限られていましたが、SAS Visual Analyticsのインメモリ・アーキテクチャによって、利用可能な全てのデータをより探索的に分析することが可能になります。これにより、より詳細な社内レポートを作成し、ビッグデータが陳腐化する前に洞察を見出し、そこで得られた洞察を活用することで、適切かつタイムリーなオファーやプロモーションを展開して、優れた顧客体験を創造できます。

「SAS(R) High-Performance Analytics」製品群のひとつであるSAS Visual Analyticsは、大量データの極めて短時間での探索・分析を可能とする、ビジネス・インテリジェンス(BI)に革新を起こすハイパフォーマンスなインメモリ・アナリティクス製品です。業界標準のブレードサーバーを複数台またはラックマウント型サーバーを使用し、ビッグデータの可視化によりビジネスの洞察を得ることができるよう専用設計された業界初のスケールアウト型並列処理を可能にする高性能インメモリ・アーキテクチャを採用しています。IT部門が専用のスキーマ設計をすることなく、ユーザーは、大量データから即座にパターンを突き止め、さらに詳しい分析を要する領域を特定し、WebレポートやiPad(R)などのモバイルデバイスを通じて結果を視覚的にわかりやすく伝えることができるようになります。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の60,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万2千名、日本法人約210名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2012年10月24日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事