logo

Fusion-io ioDrive2内蔵の新サーバ「SolutionServer3028P6-S18FWURB」を発売開始~ストレージのボトルネックが解消。アプリケーションの性能を最大限に引出します~

株式会社ファナティック 2012年11月14日 11時00分
From DreamNews

ioDrive2はデータベース処理のようなストレージへの読み書き処理回数が多いアプリケーションに最適なストレージソリューションです。従来のハードディスクの代わりにio-Drive2を使用することで圧倒的なシステムパフォーマンス向上と、ハードディスク装置台数の削減による電力および冷却コスト、設置面積が低減してトータルコストの削減が可能になります。
「SolutionServer3028P6-S18FWRUB」は、飛躍的にストレージ性能を向上させ、複雑な設計や運用を不要とし、無駄なリソースをかけずにアプリケーションの性能を最大化します。

新製品の価格(税別)および出荷開始日は次のとおりです。
参考価格:1,950,000円~
発売日 :2012年11月14日
仕様 :Intel Xeon E5-2650(8コア/2.0GHz)x2、64GBメモリ(DDR3-1600)、SAS300GB HDDx2、Fusion-io ioDrive2 400GB SLC、1GbEx4ポート、1U、700W冗長電源

新製品の主な特徴は以下の通りです。
(1)Fusion-io ioDrive2 400GB SLC内蔵
HDDより高速なSSDと比較しても約10倍となる圧倒的なIOPS性能(ランダム読込:190,000、ランダム書込:535,000)で、システム高速化の壁となっていたストレージボトルネックを解消します。また、ioDrive2は高度なエラー検出/補正/修復など、システム停止を防ぐ様々な機能も装備されています。これにより高性能と高信頼性を両立したシステムが実現できます。
(2) 1Uサイズのサーバ1台で解決
従来多数のサーバを並列化することで対処していたストレージボトルネックの問題を、1Uラックマウントサイズのサーバ1台で解決します。
(3)ソーシャルアプリケーションなど大量データを扱うサーバに最適
より高速な処理が求められるWebサービス、データウェアハウス、データマイニング、オンライントランザクション、科学技術計算などのニーズにお応えします。

※主な仕様は以下をご参照下さい。
リンク

■ファナティックについて
ファナティックは、お客様の課題、用途、仕様にあったサーバー・ストレージ・FAパソコンを受注生産方式で1台から自社工場で製造するサーバーメーカーです。主に、工業用、医療用、大学研究機関、データセンター等で使用されています。高い検証能力とチューニング力を有し、他メーカーでは実現し難いお客様の細かなご要望にお応えし、高い評価を得ています。

■ 本件に関するお問い合わせ
株式会社ファナティック リンク
広報担当 斉藤 悦彦 TEL:03-5212-1466 / Email:mkt_p@fanatic.co.jp

※文中に記載されている社名/製品名/サービス名については、各社の商標ないしは登録商標であり、各所有者が商標権を保持しています。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事