logo

HOSPEX Japan 2012 パナソニックブースの展示概要と見どころ

パナソニック 2012年11月08日 10時00分
From PR TIMES



パナソニックグループ(パナソニック株式会社、パナソニック ヘルスケア株式会社、パナソニック システムネットワークス株式会社)は、11月14日(水)~11月16日(金)に東京ビッグサイトで開催される、HOSPEX Japan 2012に出展します(パナソニックブース 東4ホール)。

同展示会は、日本医療福祉設備協会と日本能率協会が主催する、医療・福祉施設のための日本最大級の展示会です。今回、パナソニックグループは、当社ブースを「院内業務」、「エナジー」、「医療映像」、「病院計画」の4つのゾーンに分け、「パナソニックだからできる新しい価値の創造」をコンセプトに、病院内の業務効率化や、非常時に役立つエナジーシステムを提案します。

メインステージでは、2013年4月に国内発売予定の自律搬送ロボットシステム「HOSPI(ホスピー)」のデモンストレーションを行います。「HOSPI」は、無線ネットワークによる運行管理システムと、複雑な障害物を検知できるレーザスキャンセンサを搭載しており、病院内で薬剤師、看護師や臨床検査技師などの医療従事者に代わり、指示された目的地へ自動的に物品搬送を行うロボットシステムです。
少子高齢化の影響で、労働力確保が危ぶまれる病院において、「HOSPI」のようなロボットが、医療従事者の代わりに「運搬」という作業を行うことで、病院内の業務効率化と、医療のサービス向上に役立つことを提案します。
また現在、埼玉医科大学国際医療センター様、松下記念病院様で、事業化に向けての実証実験を行っています。実際に業務で使用している事例を、病院関係者のインタビューを交えて紹介します。

「エナジー」ゾーンでは、太陽光パネル、リチウムイオン蓄電システム、照明など「創・蓄・省エネ」のエナジーシステムを展示。クリニック様、薬局様を対象に、災害時でも、ある一定時間の電気供給が可能な「もしもの時のエナジーソリューション」を中心に提案します。

パナソニックグループは、当社の持つ幅広い商品と総合力で、医療関係者の方だけではなく、建築・設計者の方々へもソリューションを提案します。


■HOSPEX Japan 2012 概要
主催:日本医療福祉設備協会、日本能率協会
会期:2012年11月14日(水)~16日(金)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟
パナソニックグループ出展ゾーン:東4ホール
パナソニックグループ出展テーマ:パナソニックだからできる新しい価値の創造
URL:リンク

【主な展示内容】
[院内業務]
●自律搬送ロボットシステム HOSPI
●デリカート(適温配膳車/再加熱カート)
リンク
●外来患者呼出システム
リンク

[医療映像]
●術野・術場映像情報システム
リンク
●分離型HDカメラ

[エナジー]
●太陽光パネル
リンク
●リチウムイオン蓄電システム
リンク
●病院向け照明
リンク

[病院計画]
●病院計画支援VR
リンク

【セミナー】
●自律搬送ロボットシステム HOSPI
●病院計画支援VR


【お問い合わせ先】
パナソニック ヘルスケア株式会社 マーケティング本部
TEL:03-5408-7296
URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事