logo

hybrisのグローバルな経営陣に、優れたアナリストのブライアン・ウォーカーが着任

hybrisの社内の才能と専門知識を強化し、グローバルなマルチチャネル・コマースのマーケットリーダーとしての位置付けを強化

ミュンヘン発、2012年11月5日 – オムニチャネル・コマース・ソフトウェアを提供するhybrisは本日、ブライアン・ウォーカー(Brian Walker)氏を戦略担当上席副社長に任命したことを発表しました。

今回の人事発表は、ビジネスの企画・開発においてhybrisの財産となるものです。ウォーカー氏は、マーケティング、顧客開発および企業の製品と成長戦略などの主要分野を担当します。また、hybrisのクライアントやパートナーが、hybrisから生まれる企業テクノロジーの機能における急速な変化を巧みに活用するために、いかにして最高のポジションを取るかをということを広める重要な伝道者となります。

ブライアン・ウォーカー氏はこの任命について以下のように述べています。「顧客は全ての接点に、一貫し、状況に応じた、高度に関連する体験を求め、多くのデジタル化された接点全体に関わっています。我々はコマース革命の重要なポイントにいます。hybrisは、多くの業界やビジネスモデルに関わる企業がその変化を巧みに活用できるように支援する上で、独自の技術を提供します。フォレスターの主要コマース・テクノロジー研究における任務では、私は直接、hybrisの革新性と進歩のペースを目の当たりにすることができました。私は同社の社歴において非常にエキサイティングな時期に一員になることとなり喜んでいます」

hybrisの社長兼最高執行責任者(COO)のカーステン・トーマ(Carsten Thoma)は、以下のように述べました。「何年間もブライアン・ウォーカー氏を知っていますが、彼は常に当社の成功の背後にあるビジョンやコミットメントを理解している人物であると認識しています。今、彼を当社の経営陣に迎えることは、当社にとって大きな資産となり、グローバルな事業展開と市場シェアを拡大する時に継続して成功を収める上で非常に重要です」

また、hybrisの最高経営責任者(CEO)のアリエル・リューディ(Ariel Luedi)は、以下のように述べました。「ブライアンは、業界アナリストとしても計り知れないほど貴重な人材でした。ブライアンが当社の経営陣に加わり、彼の専門的助言や専門知識から多くの恩恵を受けることができることをとても嬉しく思っています。ブライアンがhybrisに加わる事実は、彼の影響力や指導力の立場を考えると、当社の成功と戦略の大きな確証となるものです」

このプレスリリースの付帯情報

Brian K. Walker

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

hybrisの概要
hybrisは、全ての接点、チャネルそしてデバイスを通した商品、サービスおよびデジタルコンテンツの販売拡大を行う全ての大陸の企業を支援しています。hybrisは、「オムニ・コマース(OmniCommerce™)」を提供しています:企業が顧客、製品および注文を一目で把握できるようにし、そして顧客がその企業を一見して把握できるようにする最先端のマスター・データ管理と統合化コマース処理。hybrisのオムニチャネル・ソフトウエアは、オープンスタンダードに基づく単一のプラットフォーム上で構築されており、それは無限の革新性を支援する機動性の高いものであり、最高の総所有コスト(TCO)を推進する上で効率的であり、そして企業が今後、必要とする最新のコマース・プラットフォームとなる拡張性と伸張性に優れています。両主要業界アナリスト企業は、hybrisを「リーダー」とランク付けし、市場におけるトップ2、3位のコマース・プラットフォームに掲げています。hybrisのオムニチャネル・ソフトウエアは、オンプレミス、オンデマンドそしてホスティング環境で利用可能であり、全ての規模の最大の柔軟性を企業に提供しています。グローバルなB2Bブランド企業のNespresso、P&G、Pirelli、Rexelおよびトムソン・ロイターのみならず、消費者ブランドのGaleries Lafayette、リーバイス、Lufthansa、Migros、Nespresso、ニコンおよびトイザらスを含め、400社以上の企業がhybrisを選んでいます。hybrisには世界の15カ国に業務拠点があります。hybris is the future of commerce™(hybrisはコマースの未来です。)詳細情報については、www.hybris.comをご覧ください。


ブライアン・K・ウォーカー(Brian K. Walker)氏について:

ブライアン・ウォーカー氏は、eコマース・プラットフォーム、マルチチャネル・コマース、デジタルマーケティング技術およびモバイル・コマースにおける一流の世界的なエキスパートです。フォレスター・リサーチでは、ウォーカー氏は以下のような多くの影響力の大きい業界レポートを執筆していました:「機動性のあるコマースの時代へようこそ」、「将来のeコマース技術に関して全ての経営者が知っておくべきこと」、「B2Cのeコマース・プラットフォームの波」そして「グローバルなコマース・サービス・プロバイダの波」。フォレスターでの職務において、ウォーカー氏は、フォーチュン500の企業にeコマースおよびマルチチャネル技術戦略、ベンダー選定、組織開発、そして事業運営に関する戦略的コンサルティングも提供していました。彼の過去の職務はとりわけ、Amazon.com、Expedia、Otto Group、Eddie Baueなどの企業組織におけるビジネスおよび技術両面のリーダーシップに及んでいます。ウォーカー氏は、ウォール・ストリート・ジャーナル、ナショナル・パブリック・ラジオ、ファイナンシャル・タイムズ、インベスターズ・ビジネス・デイリー、インターネット・リテイラーで広く引用されてきました。Twitterでブライアンをフォローしてください:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。